この星の格闘技を追いかける

【ACB71】足を止めての殴り合いは劣勢も、テイクダウンと足を使った打撃戦でニカエフが勝利

<ライト級/5分3R>
シャミル・ニカエフ(ロシア)
Def.3-2:29-28.29-28.29-28.28-29.28-29
クリストス・ギアゴ(米国)

思い切り左を振るうニカエフ。ギアゴも右を返し、左フックからテイクダウンを狙う。スプロールしたニカエフはワンツーを被弾すると、さらにパンチの回転数を上げて前に出る。ニカエフは左を当てて組み付くと、ギアゴがエルボーを打ち込む。離れて左ハイを狙ったニカエフだが、その蹴りや続く左にパンチを合わされる。と、ギアゴは右フックにダブルレッグを合わせて一気にバックへ。前方に落としたニカエフは、スクランブルのなかでギアゴを大きく持ち上げてスラム気味にテイクダウンへ。

ギロチンを防がれたギアゴはガードからエルボーを放つ。ギアゴの立ち上がり際にバックに回ったニカエフだが、ギアゴは胸を合わせてヒザ蹴り、アッパーを打ち込む。組んで誤魔化そうとしたニカエフにギアゴはギロチンで応える。タイトに入っていたように見えたが、ニカエフが逃れたところで初回が終わった。

2R、鋭い後ろ回し蹴りを見せたニカエフが、ワンツーを伸ばす。さらに左を入れると、両者が足を止めての打ち合いに。ここでニカエフは間合いを外す。一旦試合が落ち着くと、残り2分となってニカエフが踏み込んで左フックを当てる。当てて離れるニカエフにギアゴのパンチが届かなくなったと思いきや、ニカエフはダブルレッグから大きく持ち上げてテイクダウン。即立ち上がったギアゴが前に出てパンチを振るうも、ニカエフは打ち合いには応じない。ならばとダブルレッグを繰り出したギアゴが離れると、残り10秒でニカエフも足を止めてパンチの応酬に応じた。

最終回、ギアゴはスピニングバックフィストを空振りし、バランスを崩す。立ち上がったところでニカエフがローに続き、右をヒットさせる。ギアゴも右を返すと、次の右でダウンを奪う。起き上がってダブルレッグで押し込むに返すが、ついにテイクダウンに成功する。ガードを取ったギアゴはキムラを仕掛けるも、サイドに回られており極まらない。

背中を譲って立ち上がりつつ、胸を合わせたギアゴがエルボーを当てる。ニカエフはここでもダブルレッグをテイクダウン。直後にケージを背に立ち上がろうとしたギアゴが垂直に落とすエルボーを頭部に打ち込み、試合が中断される。時間を掛けて再開に応じたニカエフは、同じポジションから再開となり、足を束ねてギアゴに立たせない。

キムラを仕掛けたギアゴだったが、逆に頭を跨がれキムラを仕掛けられる。ここを逃れたニカエフがテイクダウン。さらに立ち上がったギアゴを倒し切り、上を取ったところで試合終了を迎えた。結果、ニカエフがスプリット判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie