この星の格闘技を追いかける

【DEEP79】打撃に圧される場面もあった水野がTDで林を振り切る

<ミドル級/5分3R>
水野竜也(日本)
Def.30-27.29-28.29-28
林源平(日本)

林がまず右ミドル、続いてローを蹴っていく。右ボディフックを振るう林に対し、水野が首相撲を狙う。組み合いになると、水野がケージに林を押し込んでシングルレッグへ。耐える林をダブルに移行しテイクダウンした水野が、胸板を滑らすようなパンチを打ちこむ。ケージを背に立ち上がろうとした林のバックに回った水野だが、胸を合わされ下に。すぐにスタンドに戻ると、水野は打首相撲からヒザを入れダブルレッグへ。林がケージを背に耐えると、ブレイクが命じられた。再開後、パンチから組んだ林が離れ際にフックを振るうも空振りとなった。

2R、首相撲&ヒザ蹴りからテイクダウン狙いという初回と同じ流れを見せた水野。ここはエルボーを入れて、放れる。続いて左ハイをみえてダブルレッグもすぐにテイクダウンは奪えない。細かいパンチを見せて再度ダブルも、右腕を差して前方へ崩そうとする水野だが、林がこらえるとレフェリーがブレイクを命じる。林は右を当て、右ハイ。さらに左フックを振るうと、水野が組んでケージに押し込む。頭が当たったとブレイクが入る。

再開後、ダブルレッグで水野が尻もちをつかせるも林も即立ち上がる。足を束ねられ、倒された林はここも立ち上がる。打撃の間合いになると林が右を当てて前へ。水野のテイクダウン狙いを切り、ラウンド終了を迎えた。

最終回、水野は三日月蹴り。組んでケージに林を押し込むとシングルで足を持ち上げるが、崩れてガードを取る。パウンドを落とした林は、スタンドに戻っても攻勢を続け右をヒットさせる。林はここで後ろ回し蹴りを狙い、水野が蹴り終わりで組んでケージ際へ。キムラロックで耐える林のバックに回った水野だが、すぐに胸を合わされてしまう。離れた水野は打撃戦の機会を与えずダブルレッグへ。パンチを一発撃ち、シングルに移行してバックに回った水野に対し、林はここでも胸を合わせることに成功する。

残り30秒を切り、ケージに押し込んだ水野がテイクダウン。林が蹴り上げを見せたところでタイムアップとなった。初回は水野、3Rは林。2Rがどのように判断されるか――結果、3-0 で水野が判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie