この星の格闘技を追いかける

【ONE63】シンガポール大会テレカンファレンス。青木真也「一番大きな挑戦」& VV.Mei「5R判定はない」

ONE【写真】ONE史上の最強カードとチャトリが胸を張るシンガポール大会のテレ・カンファレンスが行われた(C)ONE

「アンジェラ・リー×メイ・ヤマグチ#2、女子MMA界の歴史で最もエキサイティングな試合をやってのけた2人の再戦。ベン・アスクレン×シンヤ・アオキ──アスクレンが最後の試合を伝説的なグラップラーのシンヤと戦う。本当に興奮している」というチャトリ・シットヨートンCEOの挨拶で始まったONE Championship 63「Immoral Pursuit」のテレ・カンファレンス。


11月24日(金・同)にシンガポールのシンガポール・インドアスタジアムで開催される同大会はONE世界ウェルター級選手権試合=王者ベン・アスクレン×チャレンジャー青木真也、そしてONE世界女子アトム級選手権試合=王者アンジェラ・リー×挑戦者VV.Meiという2つの世界戦が組まれている。

日本時間14日、午前10時半よりONEでは初めてといって良い大規模なテレ・カンファレンスが設けられた。このダブルクラウンに出場する4選手とチャトリCEOが米国、英国、中国、日本、フィリピン、シンガポールらのメディアとの質疑応答が1時間以上続いたテレ・カンファレンスから、まずは冒頭の4選手のコメントを紹介したい(※国際電話回線の不良で一部、聞き取れない箇所もあり要約とさせていただきます)。

VV.Mei
「またシンガポールで戦えることができ嬉しいです。このチャンスを与えてもらい、感謝しています。去年の1戦ではノンストップで戦い、敗れはしましたがファンが喜んでくれたことがとても嬉しかったです。ONE世界女子アトム級王者に再び挑むことができ、またパンチを交換し、グラウンドで目まぐるしく戦うことが楽しみなので、ファンにも喜んでもらいたいです。

練習の方もボクシングと柔術、そしてMMAをバランスよくこなし上手くいっています。アンジェラ・リーは最近の試合を見ると、よりトータルファイターになっています。タイトル戦では寝技だけでなく、スタンドでもファンの期待に応えられるようしたいです。判定決着はないです。明白に勝敗がつくようフィニッシュを狙います。

この試合に勝って、誰もがアンジェラ・リーのような選手に勝つ可能性を持っていることを証明したいです。ケージで戦う準備はできています」

アンジェラ・リー
「ONEチャンピオンシップのケージで再び戦うことが待ちきれないわ。メイとの試合で最高の1年を締めくくることができる。全ての面で成長していると実感しているの。私とメイの最初の試合は、年間最高試合の一つだった。次に向けて、私もメイもハードな練習をこなしているし、彼女が言ったように5R判定はありえない。2人ともフィニッシュを狙うし、3度目の防衛を果たしてシンガポールでまたベルトを巻けるようにするわ」

ベン・アスクレン
「こないだの防衛戦の直後、翌日にシンヤ・アオキと戦わないかというオファーをもらい、直ぐに了解した。2017年、3度目の試合。シンヤ・アオキのようなレジェンドファイターを相手にキャリアを終えることができる。11月24日が楽しみでしょうがない」

青木真也
「僕のキャリアにとって、一番大きなチャレンジになると思います。あと2カ月ありますけど、集中して良い状態で試合をしたいと思います」

※質疑応答の模様は、後日掲載します。

■ ONE60対戦カード

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
カイラット・アクメトフ(カザフスタン)
ゲヘ・エウスタキーオ(フィリピン)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ステファー・ラハディアン(インドネシア)
シム・ブンスルン(カンボジア)

<ヘビー級(※120.2キロ)/5分3R>
アラン・ンガラニ(香港)
関根シュレック秀樹(日本)

<ストロー級(※56・7キロ)/5分3R>
ヤゴ・ブライアン(ブラジル)
ロイ・ドリゲス(フィリピン)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
ツー・ノット(インドネシア)
タイ・リチ(カンボジア)

<フェザー級(※70.3キロ)/5分3R>
ジェレミー・メシアズ(インドネシア)
ヒシャム・サムス(マレーシア)

<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
リョウ・デリゲリュウ(中国)
ラモン・ゴンザレス(フィリピン)

<バンタム級(※65.8キロ)/5分3R>
ジェローム・ペイエ(リベリア)
ヨーサナン・シッチョートン(タイ)

<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
エイドリアン・マタイス(インドネシア)
ファット・ソーダ(カンボジア)

<バンタム級(※65.8キロ) /5分3R>
リスキ・ウマー(インドネシア)
アディ・ヌグロホ(インドネシア)

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie