この星の格闘技を追いかける

【UFN115】ルスタン・ハビロフ、デス・グリーンに仕掛けの数で判定勝ち

<ライト級/5分3R>
ルスタン・ハビロフ(ロシア)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
デス・グリーン(米国)

サウスポーのグリーンに右を伸ばし前に出るハビロフ。グリーンが遠き距離から踏み込んでパンチを繰り出すと、ハビロフは距離を取る。グリーンが組んでクリンチの状態になると、ハビロフは腕を決めて後方に反り投げを決める。すぐに試合がスタンドに戻り、ハビロフはシングルレッグからボディロックで後方にテイクダウン。グリーンが即立ち上がると、バックを制して前方に崩し、後方への投げも仕掛ける。ハビロフはエルボーを放って離れると、右アッパーを当てる。

グリーンも左ストレートを返すと左ミドル、バランスを崩したが直ちに立ち上がる。ハビロフは左リードフック、グリーンがダブルレッグもケージに詰め込むこともできなかった。

2R、右をまず当てたハビロフが前に出ると、グリーンも左を返す。ハビロフは右オーバーハンドも当たりは浅い。左ストレートを当てたグリーンは、ダブルレッグを切る。ハビロフは直後に右を当てたが、グリーンもパンチの打ち合いに応じる。残り70秒、シングルレッグで尻餅をつかされたグリーンは即スクランブルからスタンドに。ハビロフが右ハイを狙い、グリーンが右フックを届かせる。ハビロフのダブルレッグを切ったグリーンがローを2発当てて試合は最終回に。

3R、ハビロフのヒザ蹴りに組んだグリーンがボディロックでケージに押し込む。ハビロフは逆に投げを打ちつつ離れる。グリーンが左を当て、ハビロフもペースを握るには至らない。距離が近付くとバックに回ったグリーン、ハビロフがすぐに反応する。残り20秒のパンチの打ち合いは両者そろって粗い。直後にグリーンがシングルからもう一方の足を払ってテイクダウン。バックに回って寝技に持ち込んだところで試合が終わった。

接戦はジャッジ3者ともハビロフの勝利を支持した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie