この星の格闘技を追いかける

【UFC214】強くて荒いアルブが激闘を呼び、カーランに判定勝ち

<女子ストロー級/5分3R>
アレクサンドラ・アルブー(ロシア)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ケイリン・カーラン(米国)

カーランの蹴りをキャッチしてケージに詰めたアルブーがワンツーを入れる。首相撲からヒザを連続で突き上げるアルブーは、離れたカーランに右ストレートを打ち込む。続く組みの展開で引き込んだアルブーは、ヒザ十字を狙う。カーランはパンチを入れて足関節を逃れるとバックを奪取する。引き込んでガードを取ったアルブーにカーランがエルボーを落とした。

アルブーが立ち上がると左ハイ、左フックを入れる。左右のフック、右フックを当てたアルブーはカーランの組みに対しても、力任せの投げでトップを奪取する。カーランが立ち上がると左を当てたアルブー、全ての攻撃が全力気味でスタミナが心配だ。残り1分、アルブーは首投げでテイクダウンを奪ってエルボー、パウンドを落とす。カーランは草刈りからスタンドに戻り、ケージ際の組み合いのなかで初回が終わった。

2R、右ストレートを打っていくアルブー。カーランは左ジャブを伸ばし、右ストレートを狙う。コンビネーションのカーランに対して、一発のパワーのアルブーは首相撲&ヒザ蹴り、離れ際に右フック、左フックを打ち込む。再び首投げでカーランをテイクダウンしたアルブーが鉄槌を落とす。カーランは蹴り上げから立ち上がり、右ストレートを当てていく。またも首投げを決めたアルブーは、とにかくパワフルだ。

カーランは腕十字を防がれ、顔面を蹴り上げてしまう。アルブーはすぐに試合再開に応じ、試合がスタンドに戻ると、アルブーが左ミドルを連続で決める。さらに右を打ち込むと、再び首相撲&ヒザ、左フックを打ち込む。カーランは左ミドルに右を合わせてボディロックに捉えたところでラウンド終了となった。

最終回、荒い打撃戦のなか左ハイから右を打ち込む。間合いを取り直したアルブーは相打ちで打ち負けたように見えても、次の一手を先に放っていく。打たれても、さらにパンチを倍返しするアルブーが右、左、右と連続で当てる。カーランは組みのなかで頭を抱えに来たアルブーをボディロックで倒し、ハーフからパンチを落としていく。肩固め狙いのカーランは、アルブーのギロチンを防ぎパウンドを打っていく。

トップをキープするカーランだが、殴られながらアルブーがスタンドへ戻る。逆転を賭けて打撃戦を挑むカーランの蹴り足をキャッチしたアルブーがテイクダウン!! 立ち上がったカーランは最後にテイクダウンを取り返し、試合はタイムアップに。

ファイト・オブ・ザ・ナイト獲得はほぼ間違いないと思われる激闘は、アルブーが逃げ切った。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie