この星の格闘技を追いかける

【PFL01】フォドーに勝ちきったジェイソン・ハイ 「湿度はシリアスに影響した」

<ライト級/5分3R>
ジェイソン・ハイ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
カロス・フォドー(米国)

前に出て首相撲からヒザ蹴りを繰り出すフォドーに対し、ダブルレッグを決めたハイが足を抜いてマウント、そのままスライドして肩固めを狙う。マウントに戻ったハイは、腰を押すフォドーにエルボーを入れる。足を一本戻されても左のパウンドを落とし首をコントロールしてスクランブルに持ち込ませない。果敢にパスを狙い、フォドーの立ち上がり際にバックを取ったハイは両足をフックする。スクランブルからシングルに出たフォドーは、ハイのギロチンを逃れて上になるも、すぐにダブルレッグの要領でリバーサルを許す。残り30秒で立って胸を合わせ離れたフォドーだが、最後もダックアンダーからバックを取られるなど、ラウンド全般に渡り劣勢のままだった。

2Rも開始直後にダブルレッグを決めたハイ。フォドーも蹴り上げからスタンドに戻る。フォドーのヒザがハイの急所に入り、試合は中断する。再開後、ハイが左ハイからダブルレッグを狙う。これを切ったフォドーだったが、左を被弾して続くダブルでケージに押し込まれる。これを凌いだフォドーが逆にダブルレッグでトップを奪取し、左の鉄槌を落とす。ハイはクローズドガードを取る。

屋外、気温も湿度も高く体力の消耗が目立つ今大会の出場者。ハイもフォドーも動きが少ない。集中力が途切れる展開も多く、フォドーは簡単にハイが立ち上がらせてしまう。背中を譲り、正面に回られてダブルレッグで倒されたフォドーはこのラウンドも失った。

最終回、左を当ててシングルを狙ったハイは2度に渡り、この試みを切られる。がぶったフォドーは頭部にエルボーを落とし細かいパンチを打ち込む。それでもハイは左足を取り続け、フォドーの立ち上がり際にダブルに移行しケージに押し込む。自らヒザをついて、シングルを続けるハイだが、フォドーは足首を掴んで切ることに成功する。

ついにハイは引き込み、マットを背中につける。フォドーがエルボーや小さな径のパンチを落とすも、決定的なシーンは作れない。このままだとハイが逃げ切りに成功する。最後にハイはオモプラッタでフォドーを捉えタイムアップに持ち込んだ。

結果は予想通り、ジャッジ3者が29-28をつけてハイが判定勝ちを収めた。「この湿度はシリアスに試合に影響した。とにかくマットが滑りやすかったからね。でも、それは皆に同じ条件だよ」とハイは難しい状況だったことを明かした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie