この星の格闘技を追いかける

【UFN109】スウェーデン期待のエンカンプ、タレブ相手にキャリア初黒星

<ウェルター級/5分3R>
ノーディン・タレブ(カナダ)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
オリバー・エンカンプ(スウェーデン)

キャリア7連勝でUFCデビュー戦を迎えたエンカンプに大声援が集まる。タレブの右ローに、空手の構えのエンカンプは右ストレートから左ハイ、後ろ回し蹴りを見せる。左ミドルハイから組みに行ったエンカンプをタレブが押し返す。タレブは右ローを放ち、後ろ回し蹴りをスウェイでかわす。

ダブルレッグからケージにタレブを押し込んだエンカンプがテイクダウンに成功しサイドへ。立ち上がったタレブに対し、エンカンプは首相撲からヒザ蹴り。蹴り返したタレブが押し返してテイクダウンすると、エンカンプはラバーガード、足を戻して腕十字を仕掛けた。

2R、タレブのローにエンカンプは後ろ回し蹴り、カカト落としを見せてニータップでテイクダウンを狙う。右ストレートから右ハイ、引き続き回転系の蹴りを多用するエンカンプケージ前を移動し、ニータップを切られ右をヒットされる。後ろ回し蹴りの直後に右フックを被弾する。テイクダウン狙いを潰されるが、バランスを崩したタレブを抑え込もうとするエンカンプ。

その頭を抱えて後方回転でトップを取ったタレブはバックコントロールし受け、前転からガードを取ってきたカンプマンにエルボーを落とした。

最終回、左ジャブ&左ハイというコンビネーションを見せるエンカンプ。後ろ回し蹴りから、テレブをいなして両手をマットにつけさえるも寝技には持ち込めない。右の蹴りをキャッチしたタレブがパンチを当てる。ダブルレッグでテイクダウンを奪ったテレブ、エンカンプのギロチンは決まらず、両足を束ねられて厳しい局面が続く。

強引なキムラを潰されたエンカンプは、ラバーガードからゴゴプラッタ狙い。タレブは最後までトップをキープし、判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie