この星の格闘技を追いかける

【KSW39】ガムロがほぼ互角の内容で、パークを破って王座防衛

<KSWライト級選手権試合級/5分3R>
マテウス・ガムロ(ポーランド)
Def.3-0
ノーマン・パーク(英国)

右ローを蹴ったガムロは、パークの右に組んで投げを打つ。同体で立ち上がりケージに押し込まれたパークが押し返して離れる。ガムロはシングルレッグに出ると尻餅をつかせ、そのままレッグリフトからハイクロッチに。右腕を差し、頭を抱えながら離れたパークにガムロが右ハイキックを繰り出す。再度、右ハイを狙ったガムロはスイッチをしながら右の蹴りを狙う。パークはダブルレッグからボディロック、離れたガムロが右を当てる。ハイを空振りし、バランスを崩すとそのまま足関を狙いつつシングルに出たガムロ。パークががぶり、初回が終了した。

2R、右ミドルの着地と同時にシングルレッグを狙ったガムロ、腹で頭に乗って潰したパークが離れる。再び低いシングルからテイクダウンに成功したガムロは、スクランブルでバックへ。

パークはグローブの不具合をアピールし、ブレイクが掛かるとガムロを突き飛ばす。指を気にするパークは、レフェリーに猛烈な勢いで抗議する。再開後、パークが重い左ローを蹴る。ガムロのシングルを切ったパークが左を伸ばす。右を返すガムロに対し、今度はパークがシングルへ。引き込んでヒールを狙ったガムロ、パークは体を捻って足を抜いて離れる。

シングルを狙うガムロに、ゴゴチョークを見せたパーク。頭を抜いたガムロが離れると、追いかけたパークの左が当たる。残り20秒で繰り出したシングルも切られたガムロ、印象の良いラウンドとはならなかった。

3R、シングルのフェイクから立ち上がったガムロは左アッパーと同じタイミングで組みにいくも切られる。左を当てたバーク。ガムロは逆に組まれてケージに押し込まれる。小手投げから離れたガムロは、シングルを完全に読まれている。ガムロは右を振るって左に回ると、シングルを仕掛けるがやはりテイクダウンは奪えない。

パークが左を当て、前に出る。ケージを背負ってローシングルを仕掛けたガムロは、ここでワキを潜ってバックへ。得意な動きも、パークがすぐに胸を合わせる。パークは左を当てて前に出る。ガムロも左に回りながら左を返す。残り10秒、パークがワンツーを入れてシングルレッグで尻餅をつかせタイムアップを迎えた。

切られる回数が多かったガムロのテイクダウン・トライをどのように判断するか。結果、3‐0でガムロが判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie