この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC23】デビュー戦、23歳のリンコンが36歳のベイヤードに判定勝ち

<バンタム級/5分3R>
ヤヤ・リンコン(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ブルックジー・ベイヤード(米国)

右を当てて組んでいったリンコンは、逆にケージに押し込まれたが態勢を入れ替えてボディロックからテイクダウンを狙う。耐えルベイヤードのバックを制し両足をフックしたリンコンは、背中を伸ばしてパンチからRNCを狙う。ヒザを立てたベイヤードだが、仰向けにされて厳しい展開が続く。残り2分、マウントに移行しようとしたリンコンから上を奪うことに成功したベイヤードは、オモプラッタを潰して左のパンチを落とす。

試合がスタンドに戻るとベイヤードは右フックを2発、3発と当てていく。組んだリンコンは首を抱えに来たベイヤード対して、正面に回ってヒザ蹴りを突き上げた。

2R、荒い打撃戦で右を打ち合った両者。リンコンは左からワンツーで右を打ち込んでいく。さらに右アッパーを当てたリンコンは、左ハイを受けそうになり右目を気にする。遠い位置から思い切りパンチを振るう展開は、スタミナ勝負になってくるか。ケージを背負ったリンコンが右エルボーを2発入れ、右フックに組んでバックを取る。

ベイヤードは向き返りシングルレッグでテイクダウンを奪う。寝技にいかずローを続けるベイヤード、レフェリーがブレイクを掛けてリンコンを立たせた。ここからパンチで前進するリンコンが右をヒット。ベイヤードも右を返し、右ローを入れる。リンコンは疲れたか、動きが落ちる中でカウンターを狙っていった。

最終回、パンチから組みに行ったところをすかされたリンコンが接近戦でエルボーを放っていく。ベイヤードはケージにリンコンを押し込んでヒザを狙う。動きが多いのは2R終盤と同じでベイヤード。しかし、両者とも打撃は非常にスラッピーになってきた。リンコンは組んでテイクバック、ヒザを見せて押し込む。態勢を入れ替えて離れたベイヤードが右を振るう。2人のパンチを振るうタイミングが同じで、相打ちのような展開が続く中、ベイヤードのスタミナで上回りパンチのヒット数が上がり試合はタイムアップに。

フィジカル十分、年の差13歳対決は年少──プロデビュー戦のリンコンに凱歌が挙がった。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie