この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】大塚、大激闘の末3-2で石司を破り防衛成功――RIZINへ?!

<DEEPバンタム級選手権試合/5分3R>
大塚隆史(日本)
Def.3-2
石司晃一(日本)

いきなり距離を詰めて左を当てた石司に対し、大塚はシングルレッグでドライブしていく。ヒジ打ちを入れて、カットさせた石司は右を当て近距離で縦ヒジを見せる。大塚もワンツーを返すが、石司は右ローを蹴りこむ。シングルでテイクダウンし立ち上がり際にバックに回った大塚に対し、石司は胸を合わせて離れる。右ストレートに続き、左フックを当てて石司はテイクダウン狙いを切ってローを蹴っていく。

さらに右ストレートを打ち込み、崩れた大塚のバックに回った石司が両足をフックしRNCへ。腹ばいになった大塚にパンチからRNC狙い、再び仰向けになった石司が初回を圧倒的に攻め続けた。

2R、石司は右ロー、大塚の蹴りをキャッチしてパンチを入れ、さらにローを続ける。右を狙う大塚が、左を振ってダブルレッグへ。石司はスプロールし離れると、右ロー。そこに大塚が右を打ち込む。石司は右ローを引き続き蹴りこむが、大塚がシングルレッグでテイクダウンに成功する。ヒザをつく石司のバックに回った大塚は両足をフックして腰を伸ばしにかかる。

腹ばいでバックマウント状態を取られた石司は体を丸めて前方に大塚を落としにかかる。同時に腕十字を狙った大塚。手が伸びたようにも見えた石司が腕を抜いて立ち上がったところで2Rが終わった。

最終回、右ローを2発入れた石司、大塚はシングルレッグでケージに押し込むも、石司が離れる。右を入れた大塚はシングルを切られると、距離を取り直す。パンチとテイクダウン&スプロールの攻防が続き、大塚は右を当ててテイクダウンへ。スクランブルでバックに回った大塚が両足をフックする。

足を払って起き上がった石司は、背中を取られて座った状態から立ち上がる。続くテイクダウンを切りバックに回った石司、前方に落とした大塚がシングルでテイクダウンを取り切る。それでも立ち上がった石司は、今度はシングルを切ってバックへ。四の字フックからRNCも、大塚はアゴを引いて防御し激闘はタイムアップに。

5人のジャッジは3-2で大塚が判定勝ちを収めた。呆然とする石司に対し、無表情だった大塚はベルトを腰に巻き――ようやく笑顔を浮かべた。

「ギリギリ勝ちました。きつくなっても僕の心はおれないので。逆転してやろうと思って戦いました。最強の挑戦者に勝ったので、RIZINとかいう舞台で外国人とかとやりたいです」とチャンピオンは語り、ケージサイドの榊原RIZIN代表と握手を交わした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie