この星の格闘技を追いかける

【Deep Cage】ダウンを奪った足関十段・今成正和が、長倉立尚を倒しフェザー級王者に

<DEEPフェザー級王座決定戦/5分3R>
今成正和(日本)
Def.3-2
長倉立尚(日本)

シューズ着用の今成、長倉は蹴りをかわす。今成は飛び蹴り、手をぶらりと下げて近づくのを待っているか。なかなか距離を詰めることができない長倉は、ケージ中央を陣取る。弱冠、距離を詰めた今成に長倉は右ロー。今にも今ないが左手を下げてスライディングを見せそうな気配もある。

今成の右ミドル、続いて跳び蹴りも長倉はローの距離以上は近づかない。今成は後ろ回し蹴り、長倉は右ロー。手数で今成という初回になった。

2R、左ボディストレートを見せた長倉、続いて右ロー。今成の右に長倉は右を返す。飛び蹴りにもパンチを打っていく長倉が、右オーバーハンドから左ジャブ。スイッチして、前足を変える長倉が、オーソに戻す。今成の左フックと右ローは届かず、長倉が右ローを蹴る。

今成の右手前サイドの構えに対し、長倉もサウスポーに。今成がオーソに戻すと、長倉もオーソで対応する。左ボディストレートを続ける長倉に対し、今成はローを蹴られて懐に入れない。飛び蹴りから組みを伺った今成に長倉が右ローを蹴っていく。左ジャブには左ジャブ、打撃の精度は長倉が上。残り10秒で飛び込んで右を狙った長倉に対し、今成は引き込んで足狙い。すぐに離れた長倉が攻勢なラウンドだった。

最終回、飛び蹴りから前に出た今成。長倉はパンチを振るうが今成のフックを受けてダウン。パウンドを連打する今成に、長倉が組んでいく。今成は下になりオモプラッタからパンチ。腕を抜いた長倉はクローズドのなかで息を整える。

立ち上がった長倉が右から左、今成もフックを返すが左を受けてヒザをつく。パンチを当てられてガードに持ち込んだ今成に対し、長倉が立ち上がる。ブレイク後、長倉の右がヒットし、ローを続ける。左ジャブを当てる長倉は、間合い外し今成を待ち受ける。飛び蹴り後に左ジャブを被弾した今成は、ローで体が崩れる。前に出るところで左を被弾した今成は、左フックを空振りしたところでタイムアップに。

攻勢に出た長倉だが、ダウンを奪ったのは今成だ。結果、5人の審判団の判断は3‐2で今成に凱歌が挙がった。8年振りの王座奪回となった今成は「このベルトができた時、最初に取ったので思い出深いベルトだったので……また巻けたら嬉しいなと思っていたら、また巻けました」と淡々と喜びを表現した。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie