この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX10】バラォン戦から4ヶ月、ワインランド復活のTKO葬

<バンタム級/5分3R>
エディ・ワインランド(米国/4位)
Def.2R4分16秒 by TKO
イーブ・ジャボウィン(カナダ)

素早い左ジャブを繰り出すワインランド、間合いを測るジャボウィン。自然、下がり気味となるジャボウィンに対し、プレッシャーを掛けるワインランド。ジャボウィンも左ミドルで前進を阻もうとする。右ストレートをヒットさせ、左ジャブを伸ばす、それほど手数は多くないワインランドだが、距離を支配し続ける。前に出てくるシャボウィンのボディ、顔面とパンチを狙うワインランドは、左ハイを受けそうになった直後に少し慌てたようにラッシュを掛ける。

ワインランドは右ローを蹴り込むと、左の相打ちに打ち勝ち右につなげる。残り1分を切り、ジョバウィンが左ミドルを続けるも、ワインランドが構わず右ストレートで前に出る。ワインランドのテイクダウン狙いを切ったジャボウィン、両ワキを抱えたワインランドがヒザをボディに突き上げ、アッパーを狙ったところで初回が終わった。

2R、左ミドルからハイと蹴りを多用するジャボウィン。そのジャボウィンのサークリングを先回りするように動くワインランドが、左ジャブを伸ばす。左から右につなげ、ジャボウィンが前に出てきたところで右を顔面にヒットさせる。ジャボウィンの蹴りに素早いパンチを合わせるワインランドが、さらに右を伸ばす。ビッグヒットはないが、着実にパンチでジャボウィンを削っていくワインランド。右ストレートでジャブウィンが姿勢を乱す。

左ハイを打ち終えたジャボウィンが、右を伸ばす。ここに右ストレートを打ち込んで、ダウンを奪ったワインランド。そのまま肩固めからマウントへ。絞めは解いたワインランドだが、エルボーからパウンドの連打を見せる。背中を見せたジャボウィンにパンチを連打し背中を伸ばしたワインランド、成す術なく殴られ続けるジャボウィンを見てレフェリーが試合をストップした。昨年9月に暫定王者ヘナン・バラォンに挑戦しKO負けしたワインランドだが、再起戦で見事な勝利を挙げた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie