この星の格闘技を追いかける

【UFN101】最終回に前に出たブラウンがスプリットでタックを破る

LINEで送る
Pocket

<ライト級/5分3R>
ダミアン・ブラウン(豪州)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ジョン・タック(グアム)

ケージを背負ったブラウンにダブルレッグを仕掛けたタック。倒されながらギロチンを狙ったブラウンだが、タックが頭を抜いて背中をつかせる。頭を抱えてくるブラウンの顔面に左のパンチを断続的に淹れるタックは、潜らせずに右腕を差して左でパンチを入れる。タックが上体を起こして勢いのあるパウンドを連打すると、隙間ができたことでブラウンが立ち上がる。

ブラウンはアッパーとショットフックで前に出るも、右を受けて後方にダウン。バックに回ったタックはカカトで腿を蹴りつつ両足をフック。このままタイムアップとなったが初回はタックのラウンドとなった。

2R、前蹴りや右ハイ、左ローと蹴りを多用するブラウン。タックの左ローがモロに急所に入り、試合が中断する。すぐに再開に応じたブラウンは右ロー、そして左ジャブから右アッパーと手数が増えてくる。間合いを図るタックは右ボディを受け苦し気な表情を浮かべガードが下がる。母国のファンを煽って、右フックを当てていく。動きが完全に落ちたタックは左ジャブを伸ばすも息が荒い。左フックから前に出るブラウンは、ジャンピングに―と同時に右のパンチを打ち込む。ブラウンがラウンドを取り返した。

3R、ブラウンはまずガードの上から左ハイを蹴り、距離が近付くと両者のパンチが交錯する。前に出るのはタック、ブラウンがケージを背負うとボディへの前蹴りでバランスを崩させパンチを纏める。右を入れたブラウンが、ケージ中央に戻るとタックが再び前蹴りをボディに突き刺す。下がったブラウンはケージの前を左右に動き、左フックから左ハイを狙う。

右でもタックの顔面を狙って蹴りを出したブラウンは左を入れて前へ。タックも左ジャブから右前蹴りで前進するが、ダブルレッグは遠すぎて切られる。ブラウンが圧力を強めるなか、タックは右ストレートをヒット。ブラウンのダブルレッグを払い腰で迎え撃ったタック。ブラウンは飛び上がるような前蹴りを見せるも、タックの押す前蹴りで尻餅をつきタイムアップに。

初回はタック、2Rはブラウン、最終回は前に出る姿勢でブラウンがジェネラルシップを握ったか……。結果、ジャッジの裁定は割れブラウンが母国で判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

Movie