この星の格闘技を追いかける

【Grandslam05】鈴木淑徳が左ジャブ&右ボディで竹内に判定勝ち

LINEで送る
Pocket

<70.3キロ契約/5分2R+EXR>
鈴木淑徳(日本)
Def3-0:20-18.20-18.20-18
竹内幸司(日本)

左から右を振るった竹内、鈴木は左ジャブを返す。ならばと左フックを当てた竹内だが、鈴木が左ジャブから右ボディを入れる、竹内のスピニングバックフィストは空振りとなり、鈴木は右ボディから左を伸ばしていく。ボディが効いたような竹内がローを蹴りこむも鈴木が三度右ボディを打ち込む。その右ボディに竹内も右フックを合わせようとする。鈴木は引き続き右フックを当てて、左ジャブ。すっと距離を取って左ジャブを伸ばし、初回を鈴木が取った。

2R、サウスポーからすぐにオーソに戻した鈴木は竹内が組んでくると逆にケージに押し込みヒザを入れる。竹内が体を入れ替えると、鈴木は回って離れる。引き続き左ジャブを当てる鈴木は、右ボディが竹内の胸板に。押されたように姿勢を乱した竹内だが、すぐに構えを取り直す。引き続き左ジャブ、右ボディを決める鈴木に対し、竹内の大振りのフックは空を切る。前に出る竹内、鈴木は左ボディフックを入れローを蹴られても圧を掛ける。

左から右を振るった竹内、右クロスが鈴木の顔面を掠めるも逆に左ジャブを被弾する。ローから前進した竹内にカウンターの右を入れた鈴木が3-0 の判定勝ち。寝技の展開が一度もなく、竹内の横浜ガードは見られなかった。

PR
PR

関連記事

Movie