この星の格闘技を追いかける

【UFN96】フィーリが試合、スコア、ディアスをコントロールし勝ち切る

<フェザー級/5分3R>
アンドレ・フィーリ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ハクラン・ディアス(ブラジル)

積極的に左ジャブから蹴りを狙うフィーリに対し、ハクランも右を伸ばし、右ミドルを放っていく。鋭い右ローからワンツーを伸ばすハクランが、回るフィーリを追いかけてパンチンを振るう。フィーリも左フックを入れ、ハクランの前進に再び左を打ち込む。シングルレッグを切ったフィーリが左に左を合わせるとハクランがダウン。パウンドの連打を入れるフィーリに懸命にシングルで組み付いたハクランがケージに押し込み、ダブルレッグへ。

ボディロックから尻餅をつかせたハクランは、すぐに立ち上がったフィーリをしっかりと倒し切る。フィーリはブリッジから立ち上がり、左ミドル。構えを変えるフィーリの左フックがハクランを捉える。サウスポーから右斜め前に動き、オーソに構えを変えるフィーリに対応できないハクランは左、そして右を被弾する。終盤にはケージにハクランを押し込んだフィーリが、エルボーを入れて初回をリードした。

2R、フィーリが左ミドルを決める。左ジャブに右カウンターを返すハクランだが、左ボディを被弾。ハクランはボディロックから小外掛け、さらに後方に崩してサイドを奪取する。フィーリは左腕を差してケージを蹴るも、ハクランが潰して肩固めの機会を伺う。ブリッジからまたも立ち上がったフィーリ、ハクランには勿体ないかつ厳しい展開に。直後にハクランはニータップで押し込むも、フィーリはオーバーフックから小手を決めて逆にテイクダウンに成功する。

ハクランはケージを蹴って腕十字。腕を抜いたフィーリが立ち上がってガードのハクランにローを見舞っていく。背中をベタっとつけたハクラン、これではポイントは挽回できない。残り30秒でバランスを崩させたハクランが立ち上がって、距離を詰める。フィーリは左ストレート、左ミドルを入れるとハクランも左ジャブを当てる。続くダブルレッグを大きく、ベリートゥベリーで投げ切ったフィーリの勢いがハクランを飲み込んだラウンドだった。

足を止めての打ち合いから最終回が始まり、間合いを取るとハクランがダブルレッグへ。これを切ったフィーリは、続くシングルもスプロールする。諦めないハクランはクリンチから大内刈りでテイクダウン。フィーリはクローズドガードを取り、ラウンドを落としても良いという考えか。右のパウンドを落とされ、蹴り上げを見せたフィーリが再びハクランをガードの中に収める。鉄槌を落とすハクランが立ち上がると、足を引き寄せたフィーリが立ち上がる。

すかさずボディロックからテイクダウンを奪ったハクランがサイドで抑え込む。このままではラウンドは取れても逆転はないハクランがアームロックを狙う。ディフェンスに徹するフィーリが、残り15秒でブリッジからリバーサルに成功。思い切りエルボーを落として立ち上がると、足を払ってサイドへ。ここでタイムアップとなり、2週間のショートノーティス出場だったフィーリがしっかりと試合とスコアをコントロールしハクランを判定で下した。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie