この星の格闘技を追いかける

【UFN96】動きの少なかった試合、アブドゥラヒモフが手数と積極性で辛勝

<ヘビー級/5分3R>
シャミル・アブドゥラヒモフ(ロシア)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ウォルト・ハリス(米国)

サウスポーのハリスにアブドゥラヒモフが右ロー。ハリスは左の前蹴りを見せる。アブドゥラヒモフは右ストレート、続く前進でダブルレッグを狙う。スプロールしたハリスの左ローをキャッチしてテイクダウンしたアブドゥラヒモフが、トップからエルボー。ハリスがすぐに立ち上がる。ハリスは左の前蹴りを入れ、アブドゥラヒモフが左右のフックへ。接近戦でハリスは首相撲からヒザを突き上げる。

組んでも倒せないアブドゥラヒモフは、ケージを背にしたハリスのヒザを腹に受けて離れる。それでも右を連打したアブドゥラヒモフが、ニータップに失敗。ハリスが右フックを入れる。アブドゥラヒモフはスピニングバックフィストを入れ、テイクダウンを狙いつつ右フックも当てた。

2R、強烈な勢いの右フックを空振りしたハリス。アブドゥラヒモフの前進力を抑制するか。アブドゥラヒモフは右に回り、スピニングバックフィストもバランスを崩して尻餅をつく。立ち上がり際にハリスはニンジャチョーク。背中をつけて防いだアブドゥラヒモフがスタンドに戻る。ハリスは左ハイにテイクダウンを合わされそうになるも、やはりアブドゥラヒモフの踏み込みは弱くなっている。アブドゥラヒモフが後ろ回し蹴りなども見せ、ハリスもロー、右フックを当てるも動きが少ない終盤に。

最終回、最初の1分もコンタクトが少なく、互いにローを届かせる程度のなか後ろ回し蹴りなども見せるが右を振るって前に出る。ハリスは右ジャブを当て、蹴りのフェイントを見せアブドゥラヒモフが反応する。そのアブドゥラヒモフの前進にカウンター狙いのハリス、試合は静かなまま進む。ブーイングが館内に木霊するなか、残り試合時間は1分を切る。

ここで組み合った両者、ハリスがエルボーとヒザを入れて離れる。アブドゥラヒモフが右ロングを振るうもクリーンヒットはなく、このまま大きな衝突のなかった試合は終了しアブドゥラヒモフがスプリット判定勝ち。ハリスは待ち過ぎたか。


PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie