この星の格闘技を追いかける

【EURO FC01】フィンランドで復活を賭す高谷裕之 「日本人の強さを見せてきます!」

omer-vs-takaya【写真】やや対戦相手オマーの方が背が高いか。喧嘩番長が復活を賭けてフィンランドで戦う(C)TEEMU SIIKARLA/EUROPEAN FIGHTING CHALLENGE


9月30日(金・現地時間)、1日(土・同)にフィンランド・エスポーのメトロ・アリーナで行われるEuropean Fighting Challenge (Euro FC)の公開計量が行われた。

メインではあのジョナサン・ブルッキンズが参戦し、トム・ニーニマキと対戦する同大会。日本から高谷裕之が出場し、アラン・オマーと対戦する。66キロで計量にパスした高谷から以下のメッセージが日本のファンに届いた。

高谷裕之
「日本人代表としてヨーロッパで日本人の強さを見せてきます! 応援宜しくお願いします!!」

■Euro FC01計量結果

セミで戦うアリ・ムハンマドとロドリゲスJrの間で小競り合いがあった(C)TEEMU SIIKARLA/EUROPEAN FIGHTING CHALLENGE

セミで戦うアリ・ムハンマドとロドリゲスJrの間で小競り合いがあった(C)TEEMU SIIKARLA/EUROPEAN FIGHTING CHALLENGE

<63キロ級契約/5分3R>
トム・ニーニマキ: 62.8キロ
ジョナサン・ブルッキンズ: 63.0キロ

<ヘビー級/5分3R>
ヨセフ・アリ・ムハンマド:114.1キロ
フェルナンド・ロドリゲスJr:107.9キロ

<ウェルター級/5分3R>
ユホ・バラマ:77.4 キロ
カール・アモゾー:77.2キロ

<フェザー級/5分3R>
アラン・オマー:66.1キロ
高谷裕之:66.0キロ

<ミドル級/5分3R>
アレキサンダー・ポペック:83.7 キロ
ロバート・ウィルキンソン:84,2 キロ

<バンタム級/5分3R>
トニ・タウル :61.7キロ
マルク・ゴメス :61,5キロ

<ウェルター級/5分2R>
アンドレアス・ストゥーラ:77.6 キロ
ゲオルギー・ヴァレンティノフ:77.2キロ

<ライトヘビー級/5分3R>
スチュアート・オースチン:93.3キロ
ニルス・ファンノード:93.2キロ

<ライト級/5分2R>
アレクシ・マンティキヴィ:70.6キロ
ソーレン・バク :70.8キロ

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie