この星の格闘技を追いかける

【GLORY12】NYでライト級ワールドT、本命はやはりペトロシアン

Glory 12 Lightweight World Championship Tournament

【写真】オープンワークアウトは1時間ほど。リングに上がる以外でも、個々の調整を行っていた (C)MMAPLANET

21日(木・現地時間)にNYのNYCのチャーチストリート・ジムで、23日(土・同)にマジソン・スクエア・ガーデンで開催されるGLORY12 NEW YORKのオープンワークアウトが行われた。

ザッツ・ボクシングジムと呼びたくなるチャーチストリート・ジムでシャドー、ミット打ちなど汗をかいたのは同大会で開かれるライト級ワールドチャンピオンシップ・トーナメント出場の4人のファイターと、その決勝前に対戦するジョー・シリング&ウェイン・バレットの6名の選手たち。

まずリングに上がったアンディ・リスティは、一人でシャドーをくり返し、柔軟運動。続いてダビッド・キリアがパワー溢れるミドルを織り交ぜたパッティングを見せる。その後、ジョルジオ・ペトロシアン、ロビン・ファン・ロスマーレンもミット打ちを披露した。9月のLA大会でシャキム・ベキリを破っているロスマーレンは現在GLORYライト級ランキング1位。父親のウィリアム・ロスマーレンを相手にパンチから蹴り、対角線コンビネーションを披露した。

一方、昨年のグランドスラム・トーナメント覇者ながら試合間隔があいたことでランクが2位になっているペトロシアンは、サウスポーの構えから左ミドル、前蹴り、ヒザ中心のミット打ちを淡々とこなす。ミドルとヒザの踏み込みがほとんど変わらず、僅かな組みで崩しを見せるなど、剛のファイターが多いなか、柔の動きを備えているペトロシアン。改めてトーナメントの本命であることを示す、圧巻の『静かな』パッティングであった。

Kiria, Petrosyan,Ristie & Roosmalen【写真】ライト級ワールドT出場4選手。左からキリア、ペトロシアン、リスティ、ロスマーレン。ペトロシアンが早々にロッカールームで着替えを行っていたため、他の3選手が待たされた形で撮影が行われた(C)MMAPLANET

■ GLORY 12 NEW YORK メイン対戦カード

<ライト級ワールドT決勝戦/3分3R>
TBA
TBA

<ミドル級/3分3R>
ジョー・シリング(米国)
ウェイン・バレット(米国)

<ヘビー級/3分3R>
ベン・サディック(モロッコ)
ベン・エドワーズ(豪州)

<ライト級ワールドT補欠戦/3分3R>
ウォーレン・スティーブルマンス(南アフリカ)
キー・ホーレンベック(米国)

<ライト級ワールドT準決勝/3分3R>
ジョルジオ・ペトロシアン(イタリア)
アンディ・リスティ(スリナム)

<ライト級ワールドT準決勝/3分3R>
ロビン・ファン・ロスマーレン(オランダ)
ダビッド・キリア(グルジア)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie