この星の格闘技を追いかける

【ADW】田村ヒビキ、ハトホフの足関節を防ぎ、左ミドルを効かせて判定勝ち!!

<Road to ADW ライト級トーナメント準決勝/5分3R>
田村ヒビキ(日本)
Def.3-0
バイザット・ハトホフ(ロシア)

体重オーバーのハトホフに対し、左ミドルを蹴っていった田村。左ローを返すハトホフに前蹴りからミドルハイを繰り出す田村は、飛び込んで放ってきたハトホフのパンチをかわす。田村は左ミドルハイを続け、ハトホフも右ハイを繰り出す。ハトホフは右ロー、右ハイをかわした田村は、スピニングバックフィストも避けたが、テイクダウン狙いからバックを取られそうになる。

胸を合わせに行った田村に対し、ハトホフが前転からヒザ十字へ。田村は上体を起こしてパンチを狙う。アンクルに切り替えたハトホフに対し、田村は足を畳んで防ぐとパンチを落としていく。タートルガードのハトホフを潰した田村はハーフでトップを奪取する。そのままフルマウントに移行すると細かいパンチを入れていく。

残り90秒、勢いのある左を入れた田村は、ハトホフの動きに合わせてバックマウントへ。RNCを狙う田村はパンチから両ワキを差して四の字フックでバックマウントをキープしたまま初回を戦い終えた。

2R、間合いを図る両者。田村のハイは空振りに。前蹴りからオーソに構えた田村は、すぐにサウスポーに戻す。ハトホフのスピニングバックフィストをブロックした田村が距離を詰める。田村は右フックを当てて左ミドルハイ、ハトホフがワンツーを当てて前に出る。コーナーに押し込まれた田村はヒザ蹴りをボディに被弾。押し返した田村だが、小内刈りでテイクダウンを取られる。

スクランブルからスタンドに戻った田村は、シングルレッグでロープに押し込まれ、足払いで尻餅をつかさせる。すぐに立ち上がった田村だったが、再び背中をマットにつかさせる。オモプラッタを防いでパンチを落とすハトホフ。ロープの外に出そうになった田村だが、エプロンが広いため戦い続けることができる。と、ハトホフがここでもヒールフックへ。これ幸いと上を取り返した田村が、細かいパンチを落とし2Rが終了、ハトホフがラウンドを取り返した。


勝負の最終回。田村は左ミドルハイ、コーナーで待ち受けるハトホフは何が狙いか。右フックを振るって前に出たハトホフ、これをよけた田村は左フックも組みつかれる。田村のヒザ蹴りを嫌がり離れたハトホフも、相当疲れが見える。田村の左、ハトホフは左から右を伸ばす。左ミドルを効かせた田村。蹴り足をキャッチしてテイクダウンを奪うと、足関を防いでハーフで抑え込む。ハトホフのギロチンを潰した田村は右のパンチをワキ腹と頭部に入れる。懸命に頭を引き寄せるハトコフ、ここでレフェリーがブレイクを命じる。

残り100秒、田村のローが急所に入ったとハトホフがアピールしてしゃがみこむ。スタミナの回復を図るハトホフは再開後、右フックを振るっていく。田村も左フックから左ヒザを狙うが、これは空振りに。変則的な飛び蹴りを見せたハトホフだが、届かない。田村は左ミドル、スライディングからの足関を防いでローキックを蹴り込む。飛び込んだ田村にヒザ十字、さらに鉄槌をいれるハトホフ。田村はトップを取り返したところでタイムアップに。同時に田村は立ち上がって両手を広げた。

1Rと3Rは田村と見るのが妥当だが、ジャッジの裁定を聞くまで勝敗は分からない。結果、田村は3-0で判定勝ち、トーナメント決勝を決めた。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie