この星の格闘技を追いかける

【UFN31】最終R落すも、バジンスキー逃げ切り判定勝ち

<ウェルター級/5分3R>
セス・バジンスキー(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
ニール・マグニ―(米国)

試合はマグニーの左ローでスタート。構えを替えるマグニーに、バジンスキーは左ローから右ストレートを伸ばす。組みついたバジンスキーは体を入れ替えられるも、再び態勢を変えてマグニーをケージに押し込んでいく。幾度となくポジションを入れ替える両者だが、レフェリーがブレイクを命じる。右ストレートから左ミドルを放ったパジンスキーに対し、マグニーが右のパンチから組みついていく。ケージ際の攻防で体を入れ替える両者、押し込みながらパンチを入れあうもまたもブレイクが掛かる。

オクタゴン中央で再開すると、直後にパジンスキーがダブルレッグダイブでテイクダウンに成功。左のパウンドを落していく。ガードから鉄槌を返すマグニーだったが、パスからマウントを奪われる。ハーフからフルガードに戻されるも、エルボーやパウンドを落したパジンスキーが初回を取った。2R、大きな右を振りながら前に出るパジンスキー。マグニーが組みついても、すぐに体を入れ替えてケージに押し込んでいく。

インサイドトリップでテイクダウンを狙うマグニーだが、ケージに押し込まれる展開が増える。そのマグニーの左ローに右ストレートを合わせたパジンスキーが、ダブルレッグから抱え上げてテイクダウンへ。この場面でスタンドをキープできたマグニーは、スタンドをキープもケージに押し込まれブレイクが掛かる。強引なパジンスキーのシングルを崩したマグニーが、ボディにヒザを突き上げる。マグニーの右ローをキャッチし、ニータップの要領でテイクダウンを奪取したバジンスキーが、ボディにパンチを入れていく。パジンスキーのパスに、脇を差して潜っていったマグニー、ここで2Rが終了した。

3R、すぐに組みついたパジンスキーがシングルからクリンチでマグニーをケージに押し込む。細かいヒザをパジンスキーが放ち、マグニーが首相撲に出たところで距離を取り直す。直後にシングルからダブル、バックに回ったパジンスキー。腰をコントロールされたマグニーは、ヒザを突くところまで崩されるも、持ち直して立ち上がる。クリンチ合戦にまたもブレイクが掛かり、直後にパジンスキーがダブルレッグから抱え上げてテイクダウンを奪取。

マグニーは手首を掴んでガードからコントロールしようとし、ボディを蹴り上げてスタンドに戻る。残り1分、この試合で初めてテイクダウンを奪ったマグニーはバックからパンチを入れ、パジンスキーが立ち上ったところでダブルレッグで再びテイクダウンに。パジンスキーもすぐに立ち上がり、マグニーのダブルレッグにギロチンで応える。残り20秒、ギロチンを解いたパジンスキーとの打撃戦に打ち勝ったマグニー、ここで試合はタイムアップを迎える。結果は初回と2Rを取ったパジンスキーが逃げ切り、3-0の判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie