この星の格闘技を追いかける

【Titan FC40】シャリポフが接戦制し、Titan FCバンタム級王座決定トーナメント決勝へ

<Titan FCバンタム級王座決定トーナメント準決勝/5分3R>
ファカド・シャリポフ(キルギス)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
ブルース・ルッチメディアル(米国)

素早い左ジャブを伸ばすルッチメディアル。シャリポフはスイッチして左ハイ、続いて右を伸ばす。バックステップでかわすルッチメディアルにシャリポフの左がヒットする。さらに後ろ回し蹴りとシャリポフが立ち上がりでペースを握った。ルッチメディアルは基本、回りながら打撃を繰り出すが、消極的なイメージを与えることは否めない。シャリポフは追いかけながら、右を打ち込み、かなり長い飛距離のスピニングバックキックを見せたがこれは空振りに。前に行く姿勢でシャリポフのラウンドとなった。

2R、左右のローを入れるルッチメディアル。シャリポフが飛び込んで左フックを入れる。左ストレートも見せたシャリポフのガードの上からルッチメディアルが右ハイキック。シャリポフは勢いのあるローを蹴り返した。回るルッチメディアルに対し、シャリポフはストレスを感じているのか、飛び込んで鉄槌という攻撃まで見せる。

右ミドルを決めたルッチメディアル、自分の試合をしているのは彼だが、ジャッジはそれを評価するかどうかが問題だ。シャリポフも左ミドルを蹴り、プレッシャーをかける。手を小刻みに動かし、カンフーポーズやケージを蹴るなどルッチメディアルは小技が多い。残り10秒で左を当てたシャリポフに対し、ルッチメディアルのダブルレッグを決まらなかった。

最終回、ルッチメディアルは左ジャブから右ロー、これを掴まれ尻餅をつかさせる。アイポークがあったとシャリポフがアピール。再開後、左右のハイを見せたシャリポフだがダブルレッグは防がれる。続くシャリポフの右ハイをキャッチしたルッチメディアルがテイクダウンを狙うが、これもならない。と右を入れてダブルレッグに出るなど、ルッチメディアルが攻めの姿勢に。距離が詰まると、シャリポフも左アッパーをヒットさせる。左ローから右フックをいれたシャリポフ、ローからフックという攻撃を続ける。

残り1分となってもサイドキックの構え、右ジャブと初回と同じような攻撃のルッチメディアルは、距離を取るファイトでポイントを取っているという判断か。それでも手数は増やしたルッチメディアルがスピニングバックフィストを放つ。目出でて右フックから左を当てたシャリポフは試合終了と同時に右手を挙げた。

距離のコントロールに終始したルッチメディアル、前に出続けたシャリポフ──9月9日の決勝戦進出を決めたのは、スプリット判定となり怪訝な表情を浮かべたシャリポフだった。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie