この星の格闘技を追いかける

【JBJJF】全日本選手権、レビュー。シュレック関根2階級制覇、ライト級は細川&岩崎がクローズドアウト

Open Final【写真】ボールディングの追い上げを振り切り、関根がオープンクラスを優勝した(C)TAKAO MATUSI

24日(日)、東京都練馬区の光が丘ドームにおいて開催された第17回全日本ブラジリアン柔術選手権レビュー第2弾。岩崎正寛&細川顕のツートップが出場したライト級、全日本初出場で2階級制覇を成し遂げた関根“シュレック”秀樹らの活躍の模様をお届けしたい。
Text by Takao Matsui


Light semi finalライト級は細川顕と岩﨑正寛の軸となった。まず細川は、ミケヤス・トシオ・アサダを破った世羅智茂と初戦で対戦。引き込みからのスイープ、マウント、バックと着実にポイントを奪い、最後は逆転を賭けた世羅の腕十字を凌ぎ19-2で快勝した。

Light semi final01岩﨑は初戦の保坂大希戦を得意のディープハーフガードからのスイープなどでポイント奪い8-0で勝利も、続くロビソン・オジリオ・タンノは負傷したヒジの影響もあり厳しい試合となった。ロビソンがオモプラッタや三角絞めを狙うが岩﨑がブロック。パスガードを狙った岩﨑が、アドバンテージを加算する。厳しい戦いとなったが、アドバンテージ2の差で岩﨑が決勝進出を決めた。そして決勝は、岩﨑がカルペディエムの同門の細川に優勝を譲る形で幕を下ろした。

オープンクラスは、注目の2人が決勝を争うこととなった。初の全日本選手権挑戦となった関根“シュレック”秀樹は、ウルトラヘビー級で森本猛から一本勝ちを収めて優勝し、勢いに乗りつつオープンの頂点も狙った。初戦で関根は、佐々木大樹を足首固めで秒殺。2回戦でも、ミケヤス・トシオ・アサダから腕十字で一本を奪った。さらに準決勝では世羅智茂を突っ込み絞めで撃破。残すは、あとひとつとなった。

関根の対抗として注目された細川顕とアレク・ボールディングは、いきなり初戦で対戦。アレクはアリアンシの秘蔵っ子といってもいい存在で、アダルト黒帯ミドル級で出花崇太郎を破って優勝した。アレクは、引き込みに入った細川からパスガードに成功。ガードに戻した細川は、しばらくアレクのアタックを止めていたが、主審が試合を止める。どうやら攻防の中で、アクレのヒザが顔面に入ったようだ。しばらく様子を見ていたが、結局は細川の負傷で試合終了し、アレクの勝利が決まった。

細川の敗戦を見て胸が熱くなったという関根が、日本の最後の砦として迎え撃つ形となった。引き込むアレクに対して、関根はパスガードを狙う。両者が立ち上がってサイドに回ったアレクを関根は一本背負いで投げ、2ポイントを獲得。さらにキムラを狙いつつ、パスガードで3ポイントを加算した。

ここから立ち上がってバックに回ったアレクに、スイープの2ポイントが入る。関根はアレクを背負ったまま、仁王像のように耐える。立ったまま、アレクが絞めを狙う。耐える関根。絞めを狙うアレク。この時点でポイントは5-4で関根がリード。結局、このまま試合が終わり、関根が2階級を制覇を成し遂げた。

Fall of fame関根は「全日本のタイトルは、これまで海外に流出したことはなかったと思いますので、最後は気力でした。ファイナルじゃなかったら、あきらめていたかもしれません」と満面の笑みを見せた。

なお、大会の開催中に殿堂入り選手が以下のように発表された。全日本選手権で4回優勝した選手が選考の基準となった。

中村大輔       通算5回(第11回・第12回※・第13回※)
杉江“アマゾン”大輔 通算5回(第8回・第14回※・第15回※)
金古一朗       通算4回(第11回・第13回・第14回・第15回)
芝本幸司       通算4回(第13回・第14回・第15回・第16回)
※階級別・無差別級優勝

■第17回全日本ブラジリアン柔術選手権主なリザルト

【団体成績】
優勝  パラエストラ
準優勝 トライフォース柔術アカデミー
3位  ブルテリアボンサイ

【アダルト黒帯ルースター級】
優勝  芝本幸司(トライフォース柔術アカデミー)
準優勝 戸所誠哲(パラエストラ)
3位  木村太郎(DRAGON’S DEN)

【アダルト黒帯ライトフェザー級】
優勝  橋本知之(CARPE DIEM)
準優勝 平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
3位  鍵山士門(デラヒーバジャパン)
3位  山田秀之(トライフォース柔術アカデミー)

【アダルト黒帯フェザー級】
優勝  杉江“アマゾン”大輔(CARPE DIEM HOPE)
準優勝 加古拓渡(グラップリングシュートボクサーズ)
3位  塚田市太郎(DAMM FIGHT JAPAN)
3位  チャールズ・ガスパー(IMPACTO JAPAN B.J.J)

【アダルト黒帯ライト級】
優勝  細川顕(CARPE DIEM)
準優勝 岩崎正寛(CARPE DIEM)
3位  世羅智茂(GROUND CORE)
3位  ロビソン・オジリオ・タンノ(インファイトジャパン)

【アダルト黒帯ミドル級】
優勝  アレク・ボールディング(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)
準優勝 出花崇太郎(総合格闘技道場コブラ会)
3位  田村幸成(パラエストラ)

【アダルト黒帯ミディアムヘビー級】
優勝  中村勇太(T-REX柔術アカデミー)
準優勝 新美吉太郎(バッファローMMA)
3位  ファビオ・スガワラ(インファイトジャパン)
3位  松村威(ブラジリアン柔術アカデミー野武士)

【アダルト黒帯スーパーヘビー級
優勝  西本健治(パラエストラ)
準優勝 ワトソン・エンリケ(藤田柔術)

【アダルト黒帯ウルトラヘビー級】
優勝  関根“シュレック”秀樹(ブルテリアボンサイ)
準優勝 森本猛(GROUND CORE)

【アダルト黒帯オープンクラス】
優勝  関根“シュレック”秀樹(ブルテリアボンサイ)
準優勝 アレク・ボールディング(ヒロブラジリアン柔術アカデミー横浜)
3位  森本猛(GROUND CORE)
3位  世羅智茂(GROUND CORE)

【女子アダルト黒帯ライトフェザー級】
優勝  芝本さおり(トライフォース柔術アカデミー)
準優勝 富松恵美(パラエストラ)

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie