この星の格闘技を追いかける

【Bellator159】TDを織り交ぜたヴェイケルが蹴りのサンチェスにスプリット判定で競り勝つ

<フェザー級/5分3R>
ダニエル・ヴェイケル(ドイツ)
Def.2-1:30-27.29-28.27-30
エマニュエル・サンチェス(米国)

距離を取りながらインロー、左ハイ、前蹴りを見せるサンチェス。ヴェイケルはローをキャッチしながら右ストレートで飛び込んでいく。すぐに立ち上がったサンチェスはパンチを振っておいて左右のミドル。ヴェイケルは右を返して、蹴り足キャッチからのテイクダウンを狙う。

中盤は完全に打撃戦となり、パンチと蹴りのコンビネーションを巧みに使うサンチェスがテンポよく攻撃を当てる。手数が減ったヴェイケルはシングルレッグからテイクダウンを試みるが、サンチェスはトップキープは許さずに立ち上がる。

バックスピンキックなど大技も繰り出すサンチェス。ヴェイケルはサンチェスのパンチにダブルレッグを合わせて尻餅をつかせるが、サンチェスはケージを使って立ち上がる。細かくパンチからの蹴りを当てたサンチェス、トップキープまでには至らないものの何度かテイクダウンに成功したヴェイケルという初回になった。

2R、変わらず距離を取りながらパンチ&ローで攻めるサンチェス。ヴェイケルは右フックを狙いながらプレッシャーをかける。サンチェスがパンチからハイキック・バックスピンキックにつなげると、ヴェイケルはじりじりと前に出てサンチェスの打撃にダブルレッグを狙う。

サンチェスはジャブ・前蹴りで距離を取ってインロー。このインローが的確にヴェイケルの内股をとらえる。さらにサンチェスはワンツーからハイキックにつなげ、左ミドルから右ローのコンビネーションでヴェイケルの前足を削る。終盤、ヴェイケルがバックスピンキックを繰り出すと、サンチェスもバックブローを返した。

3R、ヴェイケルがサンチェスの蹴り足をキャッチしてテイクダウン。そのままインサイドガードでトップキープする。ケージを蹴って脱出を試みるサンチェスだが、ヴェイケルはしっかりと上を取り、亀になるサンチェスの後ろに回り込む。サンチェスも一旦、腰を上げてから前転。そのまま距離を作って立ち上がり、試合をスタンドに戻すことに成功する。

ここまでのラウンドに比べて手数は少ないサンチェスだが、パンチをまとめて左ハイキックをヒットさせると、飛びヒザ蹴りから右ロー。ヴェイケルは左フックからテイクダウンを仕掛けるが、サンチェスは倒れない。終了間際、再びヴェイケルがシングルレッグを狙うが不発。サンチェスは両手を上げて観客を煽り、バックスピンキックを見せて試合終了となった。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Arzalet

Road FC43

Movie