この星の格闘技を追いかける

【UFC200】ジョン・ジョーンズが薬物使用でUFC200を欠場、代替メインはハント×レスナーに……

「サンキュー。辛いことを発表しないといけない。こんなに早くから集まってもらい感謝している。UFC200のメインはマーク・ハント×ブロック・レスナーになった」。6日(水・現地時間)、UFCが記者会見を開きダナ・ホワイトがこう言い放った。

9日(土・現地時間)、ネヴァダ州ラスベガスのTモバイル・アリーナで開催されるUFC200のメインイベントでダニエル・コーミエーとのUFC世界ライトヘビー級王座統一戦に出場予定だった暫定王者ジョン・ジョーンズが、6月16日にUSADAによるドラッグテストを受け、その結果陽性反応が出て同大会を欠場することとなった。

もう一度、同じセリフを繰り返したダナの表情は苦渋に満ちており、続いて苦笑いを浮かべる。ここで他の関係者より、JJの陽性反応が出たこと明らかにされ、代替メインが5分×3Rで行われることも同時に発表された。

「今、発表されたことしか分からないんだ」と詳細を記者に尋ねられたダナは語り、「本当にガッカリしている」と言葉を続けた。負傷でなく、薬物使用で史上最大の大会のメインを失ったUFC──ダナは「誰かがジョー・シルバに対戦を求めてくるだろう。全てがスムースに進み、誰もケガをしていなかったのに……」とコーミエーが代役の相手と戦うことに含みを持たした。


■ UFC200対戦カード

<ヘビー級/5分3R>
ブロック・レスナー(米国)
マーク・ハント(ニュージーランド/8位)

<UFC世界女子バンタム級選手権試合/5分5R>
[王者] ミーシャ・テイト(米国)
[挑戦者] アマンダ・ヌネス(ブラジル/4位)

<UFC世界フェザー級暫定王座決定戦/5分5R>
ジョゼ・アルド(ブラジル/1位)
フランク・エドガー(米国/2位)

<ヘビー級/5分3R>
ケイン・ヴェラスケス(米国/2位)
トラヴィス・ブラウン(米国/7位)

<女子バンタム級/5分3R>
キャット・ジンガーノ(米国/3位)
ジュリアナ・ペニャ(米国/5位)

<ウェルター級/5分3R>
ジョニー・ヘンドリックス(米国/6位)
ケルヴィン・ガステラム(米国/12位)

<バンタム級/5分3R>
TJ・ディラショー(米国/1位)
ハファエル・アスンソン(ブラジル/3位)

<ライト級/5分3R>
セイジ・ノースカット(米国)
エンリケ・マリーン(スペイン)

<ライト級/5分3R>
ディエゴ・サンチェス(米国)
ジョー・ローゾン(米国)

<ミドル級/5分3R>
ゲガール・ムサシ(オランダ/8位)
チアゴ・サントス(ブラジル/15位)

<ライト級/5分3R>
ジム・ミラー(米国)
五味隆典(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie