この星の格闘技を追いかける

【Bellator Kickboxing】加藤久輝 「武道家としてキックボクシングで戦うことも大切だと思った」

Hisaki Kato【写真】初のキックボクシングで、加藤の打撃力が如何に発揮されるか (C)BELLATOR

24日(金・現地時間)にミズーリ州セントルイスのスコットレード・センターで開催されるBellator157=DYNAMITE02。23試合のロングラン興行のなかではBellator Kicboxingとして別枠中継の3試合も組まれている。

Special Thanks to INFY

そのメインというべき試合に日本の加藤久輝が出場し、ジョー・シリングと対戦する。昨年6月に米国MMA界に衝撃を残したスーパーマンパンチKOを果たした相手とキックボクシングで再戦する。

RIZINで勝利するなど、MMAで着実にキャリアアップを果たしてきた加藤が、ここでの米国でのキックボクシング初陣に対してどのような気持ちでいるのか。計量後に尋ねた。

──計量を終え、今のコンディションは如何ですか。

「コンディションは良いです。今回の計量は結構、楽にパスできました」

──3度目の米国の試合がキックボクシングとなりました。空道、MMAを戦ってきた加藤選手ですが、純粋なキックボクシングの試合の経験はありますか。

「ないです。なのでワクワクしています!!」

──4月にRIZINで勝利し日本でビッグショーを経験しました。そして次がMMAでなく、キックになったことについてはオファーを受けた時、どのような気持ちでしたか。

「最初はこのオファーを受けた時は迷いました。MMAで頑張っていきたいと思っていますし。色々と考えましたが、ちょっと違う競技に参戦してみるのも良いかと考えるようになりました。武道家としてキックボクシングで戦うことも大切だと思い、オファーを受けることにしました」

──空道の試合場、ケージとリングはまた違った距離間があるかと思います。4月にRIZINでリングを経験しましたが、この辺りについてどのように考えていますか。

「RIZINもリングだったのですが、MMAの試合だったので今回の試合とはまた距離間が違います。グローブも大きく、ステップワークも変ってきます。ボクシング・グローブを使ったディフェンスの練習に力を入れてきました。攻撃に関しては、今さら自分のスタイルを崩しても意味がないので、キックボクシングで戦う上で必要となるディフェンスのスキルを磨いてきました」

──Bellator Kickboxingは組みがかなり制限されたルール、言ってみれば蹴り合い、殴り合いの間合いでディフェンス能力や攻撃力が問われるかと思います。その辺りについて、MMAで戦うシリングとキックで戦うシリングについて、どのような違いあるとイメージしていますか。

「さっきも言ったようにステップワークですね。MMAは動いてステップでかわすのに対し、キックボクシングはブロッキングが多いです。相手の攻撃をブロックして返す。そういう練習はたくさんやってきたので、自信はあります。純粋にパンチ力、蹴りの力でシリングには負けないです」

──また、この試合はMMAで負けたシリングに、キックでリベンジさせたいという意向が働いているように感じます。そのようなアウェイの空気感、気持ちの強い加藤選手にとってこの状況はどのような心境となりますか。

「こういう雰囲気も良いですね。新しいジャンル……キックボクシングに参戦できることは嬉しいですし、シリングともう一度戦うことも、米国でベスト5に入る強いキックボクサーと戦えるので嬉しいです」

──では、最後に日本で見守っているファンに今回の試合に対する、意気込みをお願いします。

「米国の……ベラトールのサイトで、今さらながら空手×ムエタイとかって煽られていましたけど、日本で空手だけでMMAを戦う選手はいないですし、米国のキックボクサーもそれだけでなくて、かなりクロス・トレーニングをやってきていると思います。

とにかく今回の試合では、いつものMMA以上に打撃を見せることができると思うので、皆さんに自分の攻撃能力の高さを見せたいと思います。応援の方、よろしくお願いします」

──ありがとうございました。頑張ってください。

「ありがとうございます。頑張ります」


■Bellator157=DYNAMITE02 計量結果

<ヘビー級/5分3R>
ランペイジ・ジャクソン:224.9ポンド(102.01キロ)
石井慧:222.8ポンド(101.06キロ)

<Bellator世界ライト級王座決定戦/5分5R>
マイケル・チャンドラー:154.7ポンド(70.17キロ)
パトリッキー・フレイレ:155ポンド(70.31キロ)

<キック・フェザー級/3分3R>
ケヴィン・ロス:145ポンド(65.77キロ)
ジャスティン・ハウトン:145.6ポンド(66.04キロ)

<ヘビー級/5分3R>
マット・ミトリオン:255.9ポンド(116.08キロ)
カール・セウマヌタファ:254.7ポンド(115.53キロ)

<女子キック・フライ級/5分3R>
デニス・キルホルツ:124.1ポンド(56.29キロ)
グロリア・ペリトアー:122ポンド(55.34キロ)

<女子フライ級/5分3R>
レベッカ・ルース:124.9ポンド(56.65キロ)
イリマレイ・マクファーレン:126ポンド(57.15キロ)

<フェザー級/5分3R>
ラシャード・ラブレース:144.9ポンド(65.73キロ)
ギャレット・ミューラー:145.9ポンド(66.18キロ)

<フェザー級/5分3R>
ジャスティン・ローレンス:145.4ポンド(65.95キロ)
ISAO:145.2ポンド(65.86キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジョーダン・ダウディー:170ポンド(77.11キロ)
ギヘルメ・ヴァスコンセーロス:169.4ポンド(76.84キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ケビン・エンゲル:170.7ポンド(77.43キロ)
チェル・アーウィンデイビス:170.6ポンド(77.38キロ)

<バンタム級/5分3R>
マット・マーフィー:136.9ポンド(62.10キロ)
ジャスティン・ロビンズ:135.4ポンド(61.42キロ)

<180ポンド契約/5分3R>
ウォーキン・バックリー:172.3ポンド(78.16キロ)
クリス・ヒースリー:179.6ポンド(81.47キロ)

<女子130ポンド契約/5分3R>
ミシェル・ロイヤー:129.9ポンド(58.92キロ)
ケイティー・コリンズ:129.8ポンド(58.88キロ)

<ミドル級/5分3R>
ジェイソン・クリステンソン:185.6ポンド(84.19キロ)
ドウェイン・ディグス:185.1ポンド(83.96キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ブラッド・ジョーンズ:167.3ポンド(75.89キロ)
タイラー・クラウゼン:169.7ポンド(76.98キロ)

<ヘビー級/5分3R>
リー・バーンズ:253.8ポンド(115.12キロ)
バイロン・スティブンス:263.7ポンド(119.61キロ)

<ウェルター級/5分3R>
マイク・エスタス:177ポンド(80.29キロ)
スティーブン・マン:170.6ポンド(77.38キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
ニコール・スミス:110ポンド(49.90キロ)
アシュリー・カミンズ:109ポンド(49.44キロ)

<キック・175ポンド(2.27キロ)契約/3分3R>
エルミア・クロスマン:175.7ポンド(79.70キロ)
ダリル・コブ:175.6ポンド(79.65キロ)

<キック・女子130ポンド契約/3分3R>
タラ・ウォーカー:128.6ポンド(58.33キロ)
ミミ・カツン:124ポンド(56.25キロ)

<キック・ミドル級/3分3R>
加藤久輝:184.9ポンド(83.87キロ)
ジョー・シリング:185ポンド(83.92キロ)

<キック・ウェルター級/3分3R>
レイモンド・ダニエルズ:170.5ポンド(77.34キロ)
ステファノ・ブルーノ:171ポンド(77.57キロ)

<女子キック・フライ級/3分3R>
ケリー・メレンデス:120ポンド(54.43キロ)
サラ・ホ―ウェル:120ポンド(54.43キロ)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie