この星の格闘技を追いかける

【UFN29】ドンヒョンが衝撃TKO葬!! トップ戦線生き残る

<ウェルター級/5分3R>

キム・ドンヒョン(韓国)

Def.2R3分01秒 by TKO

エリック・シウバ(ブラジル)

サウスポーに構えたシウバ、いきなりスピニングバックエルボーを狙う。ドンヒョンは組みついてケージ際でシングルレッグへ。足を抜いたシウバが距離を取り直すという攻防が2度続く。ドンヒョンもバックハンドブローを見せ、組みつくが脇を差したシウバがバックに回る。ドンヒョンが胸を合わせると、シウバはここでも距離を取り直す。それでも執拗にシウバを追いかけ、ケージに押し込むドンヒョン。シウバはドンヒョンの前進にボディへのヒザを見せる。ドンヒョンの打撃が大きくなるが、シウバはヒザを放ってバランスを崩すとバックを許し、テイクダウンを取られる。

すぐにマウントを奪取したドンヒョン、ケージ際でシウバが腰を押すが戻せない。何とか足を戻したシウバは、ディープハーフから潜ってスイープを狙う。そのまま足を取ったシウバだが、ドンヒョンは首を殺してトップをキープする。キムラからマウントを伺うドンヒョンだが、シウバはケージを背に耐える。上体を起こしたドンヒョンは思い切り左のパウンドを落とし、初回を制した。

2R、ドンヒョンの前進に下がりながら左フックを入れたシウバ。動きの止ったドンヒョンに飛びヒザを狙い、着地とともに激しいパンチの交換からエルボーを受けたドンヒョンが崩れる。すぐに立ち上がってバックに回ったドンヒョン、シウバはスイッチからバックを取り返そうとする。踏ん張るドンヒョン、両者が距離を取り直す。ドンヒョンは再び前に出るとヒザを受け、さらにパンチを被弾して逆にバックを許す苦しい展開に。

体の軸がぶれ、いよいよ追い込まれたかと思われたドンヒョンだが、シウバの左ストレートにカウンターの左ストレートを打ち込む。この一発で大きく後方に崩れたシウバは、追い打ちの鉄槌で失神。ドンヒョンが打撃戦を制し、ウェルター級戦線の生き残りに成功した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY