この星の格闘技を追いかける

【Titan FC38】しっかりと5分間を3度纏めたノブレが、スプリットになってしまうもバイスを破る

<フライ級/5分3R>
ペドロ・ノブレ(ブラジル)
Def.2-1:30-27.29-28.28-29
シド・バイス(米国)

劣勢のなか耳の辺りへのパウンドを後頭部へのパンチと虚偽のアピールを行い、NCとなった件によりUFCをリリースされた過去を持つノブレが、ティム・エリオット戦の敗北から再起&タイタンFC3勝目を目指しバイスと対戦。

サウスポーの構えからワンツー、スイッチして蹴りを見せるなど、ドミニク流のステップワークを見せるバイスだが、ノブレにクリンチからテイクダウンを簡単に許してしまう。ノブレはハーフからパンチを入れるも、フルガードに戻したバイスが立ち上がる。パンチを振るいながら前に出て右ローを蹴っていくバイスが、右ストレートをヒットする。細かいパンチをまとめたバイスは、ノブレの前進に首相撲からヒザを突き上げ──離れる。

スリップしたバイスの立ち上がり際にノブレが右ハイを狙う。さらにローをキャッチし、背中を見せて離れようとするバイスにロー。蹴りをキャッチしてローという流れが巧みなノブレが、バイスの飛び込み際に左フックを振るっていく。さらに右ミドル、飛びヒザを見せたノブレが、最後に右フックを被弾したものの初回を取ったか。

2R、バイスの左フックに右ローを返し、右ストレートを伸ばすノブレ。続くダブルレッグでテイクダウンを奪う、ギロチンを防いでトップをキープする。スタンドに戻ったバイスがワンツーを連続で入れると、ノブレが組みついてくるところに右アッパー、さらにヒザ蹴りを続ける。動きが落ちたノブレはワンツーを受け、続いて左ストレートも被弾する。

左を入れて離れたバイスは左ボディストレート、ノブレは左フック&右ロー。続いてローをキャッチしてテイクダウンに成功する。パスに成功したノブレが一気にマウントを奪取し、エルボーを落としていく。パンチを貰い背中を向けそうになるバイスは、頭を抱えて動きが落ちると思いきや、上体を起こして胸を合わせる。ケージに押し込まれたノブレはボディにヒザを入れられながら立ち上がった。

最終回、左ボディフックを入れるノブレがガードの上から右ハイを蹴り込む。ポイント的に不利にあるバイスはローを蹴られ、疲れもあってかサークリングもスムーズさに欠けてくる。ノブレはフックや右ローを入れ、飛びヒザで追いかけて右フックを繰り出す。肩で息をしつつ、アグレッシブに前に出るノブレが左フック。バイスも左ローを返し、テイクダウンへ。尻餅をついたノブレが立ち上がり、試合は残り100秒に。

近距離でハイキック、右ボディフックを入れるノブレ。バイスも左ハイを返す。意地の張り合いは決定打がないまま残り時間がなくなっていく。ラッシュを掛けることができないバイスの前進にフックを狙うノブレは、シングルレッグを切り15分間をマネージメントした。結果、なぜかバイスに一票を入れるジャッジがいたがノブレが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie