この星の格闘技を追いかける

【DEEP CAGE】激闘制したのは長倉、勝負どころでTD決め上迫を退ける

<フェザー級/5分3R>
長倉立尚(日本)
Def.3-0
上迫博仁(日本)

左ミドルからローを蹴っていく上迫。さらに三日月のような蹴りを見せる。もう一度腹を蹴り、長倉が前出てくるところで上迫は右を打ち込みぐらつかせる。立ち上がった長倉は左フックを振って前へ、ケージに上迫を押し込む。すぐにブレイクが掛かり、長倉は上迫のヒザに左右のフックを当てて、組みに。バックに回った長倉だが、上迫も両膝をついて状態から立ち上がる。ここで上迫にドクターチェックが入ったが、すぐに再開。

長倉は左ジャブを伸ばし、左ロー、上迫は右ストレート、続く右フックは空振りしたが、差し上げテイクダウンを奪う。長倉はスクランブルからケージに上迫を押し込み、2度目のブレイク。長倉は腹への蹴りにパンチを合わせると、上迫が目を気にする。上迫のシングルを切った長倉が右ロー、左フックの応酬からローを蹴っていく。残り1分、スイッチを見せた上迫は三日月蹴り、オーソからも左の蹴りを当てようとするが、組んだ長倉が背中を取りに。離れた後、即ラウンドが終了となった。

2R、勢いのあるワンツーを振るう長倉だが、上迫も左フックを返して左ハイ。顔面に蹴りを受けながら、長倉が左フックを返す。互いにパンチを被弾しながら、自らの拳を打ち込む展開のなかで長倉が組みつく。ケージに上迫を押し込み、ブレイク後に左アッパー。スウェイでバランスを崩した上迫は、左フックに左を合わされる。それでも右を打ち抜いた上迫が左から右、続く左に長倉が右を被せていく。素早い左ジャブを見せた上迫は、ケージに長倉を追い込んで右フックを打ち込む。

右を続けた上迫に対し、長倉も左ジャブからロー、さらにシングルレッグへ。ここもブレイクが入り、左ジャブの打ち合いは長倉が制す。直後に右を入れた長倉、やや間合いをはかった両者は残り30秒を切り、頭を振って牽制し合う。先に前に出たのは長倉だったが、クリーンヒットはなく試合は最終3Rへ。

肩を抱き合い、最後の5分に向かった両者。ローを蹴り合い、右フックもほぼ相打ちに。前蹴りを入れる上迫が、フックを受けながらケージに長倉をドライブ。ブレイクが早いため、互いにここで無理はしない。上迫は右ロー、左に回りながら左ローも長倉が組んで尻餅をつかせる。立ち上がってサッカーボールキックを入れた長倉が、スタンドに戻った上迫からダブルレッグでテイクダウンを奪う。ケージを背にするが、足を束ねられた上迫は立ち上がることができず、動きが止まる。

長倉は立ち上がり際にバックを取ると、上迫が胸を合わせてボディロックから逆にテイクダウン。立ち上がってきた長倉にスピニングバックフィストを狙った上迫、長倉はガードを下げ挑発すると、即ダブルレッグで走り抜いて3度目のテイクダウンに成功する。ケージを背にして立ち上がろうとする上迫が頭を押す、ダブルレッグで肩を押し込み立たせない長倉。残り30秒で背中を取って立ち上がる。

ブレイクが掛かり、残り10秒――飛び蹴り蹴り、振り合すようなフックを蹴り合った両者。ここでタイムアップとなり、勝負どころでテイクダウン数で上回った長倉が3‐0で激戦を制した。

「もっと普通に勝ちたかった。ゴメンなさい。でもベルト取りに行って、年内に吉田道場がベルト3本取りに行きますので。これは決まっています」と勝者は語った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie