この星の格闘技を追いかける

【Pancrase277】UFC再契約へ、アレオラを迎え撃つ徳留一樹<01> 「変則的な打撃に警戒必要」

Kazuki Tokudome【写真】KOPライト級王者として、初めての相手は同じ元UFCファイターのアクバル・アレオラとなった徳留一樹(C)MMAPLANET

21日(木)、東京都渋谷区の和術慧舟會HEARTSで24日(日)にディファ有明で開催されるPancrase277でメキシコ人元UFCファイターのアクバル・アレオラと対戦する徳留一樹。

昨年11月に北岡悟を倒し、KOPライト級チャンピオンとなった徳留が、自身と同じようにオクタゴンのライト級で1勝3敗だったアレオラを相手に、UFC再契約の契機となる戦いを見せることができるのか。

試合を目前に控えた徳留の話を訊き、アレオラがどのような選手かメスを入れたい。

──試合が近付いてきました。

「ハイ、もう追い込みも終えて。体重調整に入っています」

──チャンピオンとして戦う初めての試合、どのような意気込みでいますか。

「そこまで考えてはいないですけど、パンクラスがUFCからリリースされたばかりの良い選手……どこかのランキングで自分と本当に変わらない順位の選手を招聘してくれたことに感謝しています。

ずっとUFCに戻ると言ってきましたが、そうなるためには、自分の課題はキッチリと一本かKOで勝てるかどうか。それができれば凄く自信もつきますし、判定でもしっかりと誰が見ても文句がつけられない勝ち方をしたいと思います」

──対戦相手アレオラの印象を教えてください。

「寝技で結構勝っているし、パンクラスからのリリースも寝技が巧いって書いてありましたけど、あんまり寝技を使っている動画がなくて……」

──確かにUFCでもスタンドの展開が多かったです。

「ハイ。左ストレートからのハイキックとか、少し遅れてくるようなタイミングで蹴りを出しているんですよね。前手でジャブを出してから右ハイとか。

メキシカンだからか少し変則的で。あとは右アッパーにしてもジャブを打つと見せかけて、それがフェイントでアッパーとか、気を付けないといけないですね」

──とにかく個性的なヘタウマ的な独特のリズムを持っていますね。

「ホント上手くはないです。でも、ああいう遅れ気味のハイって当たるんです。自分もノーマン・パーク戦やクリスチアーノ・マルセロ戦とか、シルバーウルフで練習させてもらう前はああいうハイを蹴っていました。だから自分でもアレが当たるのは分かるんですが、ああいう風に蹴られた時に対処できるのか。

パンチも重心が高くて、突っ立っていて……。でも、懐が深いのか組まれても倒れないですね。ケージを背にした時はテイクダウンにも強いです」

──ジョニー・ケースとアンドレ・マシューズ、マシューズとアレオラ、ケースと徳留選手という相関関係を考えても興味深い試合になります。

「しっかりと距離を取らないとダメですね。ただ、自分もUFCに出ていた頃と比較すると、間違いなく進化しています。打撃でどれだけやれるのか。寝技もそうですね。背中をつけさせることができたら、そんな動く感じではなかったのでキープしたいですね。

一度寝かせるとロールしてきたりはしなくて、仕掛けは腕十字とか三角なんかは狙ってきますが、あまり立つということはない。そういう部分で、寝技はあまり心配していないです。それよりも、変則的な打撃の方がやはり警戒は必要ですね。僕ももうそんなに打たれ強い方ではないので、一発を貰わないようにしないといけないです」

<この項、続く>

■ Pancrase277対戦カード

<ネオブラッドTウェルター級/3分3R>
五十嵐涼亮(日本)
阿部大治(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
三苫亮人(日本)
小林裕(日本)

<ネオブラッドTライト級/3分3R>
ベン・ブッカン(英国)
山本雄希(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
木村一成(日本)
藤崎航太(日本)

<ネオブラッドTフェザー級/3分3R>
平山学(日本)
鈴木琢仁(日本)

<バンタム級/3分3R>
上久保周哉(日本)
平岡将英(日本)

<バンタム級/3分3R>
前野辰一(日本)
高橋誠(日本)

<フェザー級暫定K.O.P.T./5分5R>
田村一聖(日本)
牛久絢太郎(日本)

<ライト級/5分3R>
徳留一樹(日本)
アクバル・アレオラ(メキシコ)

<フェザー級/5分3R>
矢地祐介(日本)
クレベル・コイケ(日本)

<ライト級/5分3R>
久米鷹介(日本)
石川英司(日本)

<バンタム級/5分3R>
ビクター・ヘンリー(米国)
アラン・ヒロ・ヤマニハ(ブラジル)

<ストロー級/3分3R>
朱里(日本)
浅倉カンナ(日本)

<ミドル級/5分3R>
ボブ・アームストロング(米国)
新村優貴(日本)

<フライ級/5分3R>
仙三(日本)
マモル(日本)

<フライ級/5分3R>
荻窪祐輔(日本)
山本篤(日本)

<ライト級/3分3R>
山﨑悠輝(日本)
KAZZ(日本)

<フェザー級/3分3R>
稲葉聡(日本)
中原由貴(日本)

<バンタム級/3分3R>
ハルク大城(日本)
蓮實光(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie