この星の格闘技を追いかける

【RFC30】マイティ・モー、袈裟固めからネッククランクでタップ奪う

<無差別級T準決勝/5分3R>
マイティ・モー(米国)
Def.3R1分12秒 by ネッククランク
ミョン・ホンマン(韓国)

右を伸ばしたミョン、モーは右から左を振るって前に出る。ミョンのハイは空振りに。続いて左ミドルを蹴っていく。モーはパンチを振りながら突っ込むと、ミョンが組んでケージへ。ここでミョンのヒザがモーの急所に入り、試合が中断する。すぐに再開し、モーは右アッパー。ミョンも負けじと右を振るっていく。モーがプレッシャーを与え、ミョンが左に回るという展開が続く。ミョンの左ミドルにモーはパンチから組んでケージに押し込む。残り1分、ケージ際で左をモーが打ち込むが、レフェリーはブレイクを命じる。再び組んでケージにドライブしたモーが、シングルレッグでテイクダウンを奪ったところで初回が終わった。

2R、ミョンのハイの打ち終わりにモーが右フック。ミョンも左右のフックで応戦すると、打ち負けたモーはここでも組みにいく。ケージを背にこれをミョンが絶えると、ブレイクが入りモーの傷口がチェックされる。再開後、モーは左ローを蹴り込むもパンチは届かない。そしてケージ中央での組み合いからミョンをケージへ運ぶ。ミョンもケージを背にしてヒザをボディに入れていくが、またもモーにドクターチェックが入った。残り1分50秒でリスタートとなり、互いに距離が詰められないまま時間が過ぎる。近づくとクリンチという動きのない試合となってしまった。

最終回、ここも打撃を振るいながらシングルレッグでテイクダウンを奪ったモーがパスから、袈裟固めへ。そのままネックロックの形でスカーフホールドを極めたモーの一本勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie