この星の格闘技を追いかける

【PXC53】躍動感溢れる動きを見せたトルビソがガバロフとの接戦を制す

<フライ級/5分3R>
アダムソン・トルビソ(フィリピン)
Def.3-0 29-28、29-28、29-28
ファロモン・ガバロフ(ウズベキスタン)

サウスポーのトルビソが左ミドルとインロー、ガバロフはジャブ・アウトローを見せる。トルビソはジャンプしながらの左ミドル、着地して右ローを蹴り、すぐさま組みついてテイクダウン。ガバロフはケージを背にして立ち上がる。試合がスタンドに戻ると互いにステップを使って打撃を繰り出すがビッグヒットはない。

2R、左フック・左ミドルで前に出るトルビソ。ガバロフがアウトローを蹴ると、トルビソが右フックを強振する。この右フックが当たり、ガバロフが一瞬足を止める。一旦距離が離れると、トルビソは左ハイキック・左ストレーで前進。ガバロフも右フックを返して譲らない。互いに距離を取り、ジャブとローを交換する展開が続く中、トルビソが左ストレートで突進。ガバロフがダブルレッグに入ると、そこにノーアームギロチンを合わせてガバロフを絞め上げる。かなりタイトに入っていたが、残り時間が少なく極め切れない。

3R、左ストレートを軸に前に出るトルビソ。ガバロフも右フックを返すが互いに手数が少ない。終盤、ガバロフが左フックで飛び込もうとすると、トルビソは右アッパーを返し、ガバロフのダブルレッグをケージを背にして耐える。それでもガバロフは右フックを強振し、これでトルビソがバランスを崩すが、すぐに立ち上がる。ほとんど差がない展開だったものの、躍動感溢れる動きを見せたトルビソが接戦を制した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie