この星の格闘技を追いかける

【PXC53】ロマン、最終ラウンドにあわやの流血もテイクダウンを奪いまくって勝利

<バンタム級/5分3R>
スティーブン・ロマン(フィリピン)
Def.3-0 30-27、30-27、30-27
アーニー・ブラカ(フィリピン)

サウスポーのロマンがアウトロー。ブラカはインローを蹴り返し、前蹴り・サイドキックを繰り出す。ブラカはロマンの蹴り足をキャッチしてテイクダウンを狙うが、ケージ際での組みの攻防ではロマンが競り勝ち、テイクダウンに成功する。トップキープに成功したロマンはコツコツとパンチを落とし、立ちあがろうとするブラカをしっかりと抑え込む。

2R開始早々、ロマンがブラカの打撃に合わせて組みつき、豪快なスラムでテイクダウンする。ここもロマンがトップキープを続け、一度はブラカに立ち上がられるものの、すぐさまダブルレッグでテイクダウンする。丁寧にパスガードを狙いながら、余裕があればパンチを落とすロマン。このラウンドもテイクダウン&トップキープを軸に試合を有利に進めた。

1・2Rを取ったロマンだが、3R開始早々ブラカの右フックで額をざっくりとカットし、流血してしまう。あわやのピンチを迎えたロマンだったが、鋭い蹴りから組みつき、2度目のトライでテイクダウンを奪うことに成功。安定したトップキープからパウンド&パスガードで攻め込み、ブラカに反撃の隙を与えない。

残り10秒を切ったところで、もう試合が終わったと勘違いしたか、不意に立ちあがって後ろを向いたロマンにブラカが右フックを強振。これがロマンの側頭部をかすめる場面があったものの、そのまま試合終了。3R通じてトップキープに成功したロマンが判定勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie