この星の格闘技を追いかける

【FOX08】カスティーリョ、TDでミーンズとの接戦制す

2013.07.28

<ライト級/5分3R>
ダニー・カスティーリョ(米国)
Def.3-0: 29-28, 29-28, 29-28
ティム・ミーンズ(米国)

一回り以上大きなミーンズにテイクダウンを仕掛けるも、バランスを崩すカスティーリョ。しかし、そのまま組みつくとアッサリとミーンズが倒れてガードを取る。クローズドガードのミーンズに、カスティーリョはエルボーからパウンドを落す。首の後ろに手を回し、頭を起こさせて逆の腕でエルボーを落すカスティーリョ、ミーンズのクローズドガードが続く。

ケージ際にミーンズの頭を押し込み、エルボーを落すカスティーリョは、立ち上がり際にバックに回りRNCを狙う。バックから振り落されずに、上手くマウントを取ったカスティーリョだったが、ミーンズがケージを蹴って脱出。立ち上がり際にヒザを見舞い、距離をとってからのヒザを続ける。厳しい状態になるかと思われたカスティーリョは、ここでダブルレッグから肩にミーンズを乗せて豪快にスラム、初回をモノにした。

2R、息の荒いミーンズに対し、余力が十分なカスティーリョだが、リーチの差を考慮し慎重に攻める。カスティーリョは右を打ち込み、距離を取り直すと次の右が空振りに。右ジャブを伸ばすミーンズは、一階級は違うように映る体格から左ストレートを繰り出すも、クリーンヒットはない。ミドルからテイクダウンに成功したカスティーリョは、ここでもエルボーへ。ミーンズは掌底を下から放つも効果はない。

オープンガードになると、足を捌きにかかったカスティーリョがミーンズの立ち上がり際にバックを奪取。距離を取り直したところで、2Rも終了した。3R、ミーンズは左ミドルを放ち、テイクダウン狙いを切ってヒザを放つ。カスティーリョはテイクダウンのフェイントから右を伸ばすも、このラウンドは無理をしない。ミーンズのボディは力がなかったが、テンカオから首相撲へ。ボディへヒザを集中させるとカスティーリョが距離を取る。

残り1分40秒で再びミーンズのテンカオをヒット。ダメージを受けたカスティーリョは、これまでと違い力づくでテイクダウンへ行くも、体を入れ替えられトップを許す。しかし、ここで距離を取って跳びこんでスタンプをミーンズが狙った隙にカスティーリョは立ち上がることに成功する。残り時間を計り、距離を取ったカスティーリョがジャッジ3者から29-28のポイントを得て判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie