この星の格闘技を追いかける

【UFC FS1 03】マルチンス、2階級落してバンタム級へ

2013.07.16

Lucas Martins

【写真】飛び級で階級を下げるのは、非常に珍しいケースのルカス・マルチンス。しかも前回の試合ではジェレミー・ラーセンからTKO勝ちを収めている (C)GONGKAKUTOGI

15日(月・現地時間)、9月4日(水・同)にブラジル・ミナスジェライス州ベロオリゾンチのエスタジオ・ド・ミネリーニョで開始されるUFC FoxSports1 03「Teixeira vs Bader」の追加カードの発表があった。

ウェルター級でキース・ウィスニエフスキー×マルセロ・ギマリャエス、6年振りのUFC復帰後も連敗中のウィスニエフスキーと今年3月に日本大会イム・ヒュンギュにTKO負けを喫しているギマリャエス、UFC残留を賭けた生き残りファイトだ。フェザー級TUFブラジル01準優勝のゴドフレド・ペペイは、TUF15出身のサム・シシリアと対戦。知名度抜群のTUF伯シーズン01ファイターも、微妙な判定でミウトン・ヴィエイラを破ってはいるが、前回の試合も叩き上げフィリッピ・アランテスにTKO負けを喫しており、正念場を迎えている。

一方のシシリアも1勝2敗と厳しい状態にあるなかでの敵地ブラジルでの戦いとなる。パンチ&トップキープのシシリアと今時のUFCでは珍しいガードファイターのペペイ、自分の庭が相手の得意分野となる一戦だ。ルカス・マルチンスはライト級から一気に2階級を落し、バンタム級でロウワン・ジュニオール・エルナンデスと戦うと発表されている。この選手に関しては、選手資料がなくミレティッチMMAのラミロ・フェルナンデスJrとの見方もされている。

今回、最後に発表されたのはフライ級のマッチアップ、TUFブラジル・ベテランのマルコ・ヴィニシウスがロシアのアリ・バガウチノフを迎え撃つ一戦だ。バガウチノフは4月にロシアのFight Nightというイベントで、日本の小塚誠司を25秒でKOしている同プロモーションのフライ級王者だ。TUF中国の開催など、日本人との契約は簡単ではなくなっているUFCだが、北のMMA帝国=ロシア勢の新規参入は引き続き行われているようだ。同様にブラジル大会でありながら、ブラジル勢×諸外国勢の試合が次々が発表されるように現地での盛り上がりが感じられる一連のカード発表だ。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie