この星の格闘技を追いかける

【UFN81】ドミニク・クルーズ、TJ・ディラショーを下しUFC世界バンタム級チャンピオンに返り咲く

<UFC世界バンタム級選手権試合/5分5R>
ドミニク・クルーズ(米国/1位)
Def.2-1:49-46.48-47.46-49
TJ・ディラショー(米国)

ディラショーがタッチグローブを拒否。そのディラショーの右の蹴りで試合はスタート。右クロスを狙ったディラショー、続く蹴りにドミニクが組みつくがテイクダウンは許さない。前に出るのはディラショー。ドミニクは左右に激しく動いて左フックから右を振るう。ディラショーの右ハイをよけたドミニクは左ジャブを伸ばし、右ストレートへ。ケージを背にしても、スッと動いたドミニクはハイをキャッチしてテイクダウンを奪う。

すぐにスタンドに戻った両者、ディラショーのシングルを切ったドミニクは深呼吸、右フックに右を入れ、左フックを打ち込む。ディラショーも右フックを振るうが、まだ距離は合っていない。その右の打ち終わりに右を合わせるドミニクは、ワンツーから前に。ディラショーがドミニクの動きに合わされている形か。

それでもチャンピオンは残り1分で右を入れ、ミドルキックを決める。肩で息をするドミニクは蹴り足を掴んでテイクダウンを狙い、スクランブルの合間のディラショーのパンチをかわすと、深く入ったディラショーのテイクダウン狙いも防いだ。

2R、動きは良いがスタミナが不安なドミニク。ディラショーの打ち終わりにパンチを入れる。手数は王者が多い。当てるのは元チャンピオン。前進しつつも、いつでもバックステップできる抜群のコアを持つドミニクは下がりながらジャブを入れる。やや動きが荒くなってきたディラショーは、右ハイを蹴って自らバランスを崩す。

と、ドミニクは左ジャブを入れ、ディラショーのアッパーをかわす。ディラショーの右が届くと、ドミニクはやや距離をとる。ディラショーは待ちのタイミングでリズムを作り直すつもりか。前出てきたドミニクが下がるところで右ハイを狙う。ワンツーを入れたドミニクは抜群のタイミングでテイクダウを奪うと、起き上がったディラショーを同じ形で連続テイクダウンに成功する。寝技にはこだわらずスタンドに戻ったドミニクはディラショーのワンツーをかわし続けてこのラウンドをモノにした。

同じようなスタイルと戦前は言われたが、試合が始まると完全にエルトロがディラショーで、マタドールがドミニクだ。足をとってドミニクのリズムを崩しにかかったチャンピオン。試合中にも抜群のアジャスト能力を持っている。ペースを落としたようにも見えるドミニクの右ロングフックがヒットする。ディラショーは追いかけて右ミドル。しかし、左ハイは目測を誤る。直後にパンチをまとめたドミニクだが、ローを2発もらう。と、続く右ローにテイクダウンを合わせ、ここでは寝技に拘る。

がぶられてもロールし上を取ったディラショーだが、スクランブルからドミニクがスタンドへ戻る。空振りが多いだけ疲れているはずの王者も恐るべきスタミナを持っている。しかし、ラウンド終了間際にパンチを纏められ、右フックを受けてバランスを崩すなど、ペースを握り切れないまま試合は4Rを迎えることとなった。

4R、前に出るがパンチは当たらない王者は、右ローを強く蹴り込む。直後に4度目のテイクダウンに成功したドミニクは、ポイントメイクにやはり長けている。ディラショーの右が当たると、左フックを返すドミニク。殆ど蹴りを使わなかったドミニクのローをキャッチしたドミニクが得意の動きでバックへ。

スイッチを潰してトップを取ったディラショーに対し、ドミニクはスクランブルから背中を譲って立ち上がる。このままケージに押し込んでヒザなど細かい打撃を入れたチャンピオンが、初めてオクタゴン・ジェネラルシップを握る。それでも離れたドミニクは右を入れ、ダブルレッグへ。これをスプロールしたディラショーがこの回を取った。

最終回、左フックから右ボディを入れるドミニクだが、右ミドルから右フック、そして左ハイを受けそうになる。パンチが届くようになった王者は、右ミドルもきれいに決める。蹴り足をキャッチできないドミニクが、スピニングバックフィストを見せる。動きに切れがなくなったドミニクをディラショーの勢いが上回る。

残り90秒で、力を入れたパンチで前に出るドミニク。続いてディラショーの左ジャブを寸前のところで2発外し、左を打ち込む。ディラショーのテイクダウン狙いを切ったドミニクの右ハイは空振りに。しかし、直後に右ストレートを打ち込む。ドミニクのテイクダウ狙いをカットしたディラショーも、さすがに前足がなくなった。ついに足を止めて打ち合う両者。ここでタイムアップに。

両者勝利をアピール、力があるのはディラショー。足を引きずるようになったドミニク。ただ序盤の3Rは効果的にテイクダウンを決めたドミニクが有利か。1~3Rをドミニク、4&5がディラショーと見方も成り立つが、ジャッジの判断は誰にも分からない。

結果、最初のジャッジは48-47でドミニク。続いて49-46でディラショー。運命の時、3人目のジャッジは49-46でドミニクを支持し、ドミニク・クルーズがUFC世界バンタム級王者に返り咲いた。ファンに感謝の言葉を送ったドミニクは「コーチ達、母のサポートがあってここにいることができる。足のケガ、それには触れたくない。意味はないから。でも、ローキックじゃない試合前からケガをしていた」と語った。

一方、前世界チャンピオンは「残念だ。僕の方がアグレッシブで圧していた。最後の2Rは僕が取ったと思ったけど、接戦だった。また戦いたい。彼におめでとうと言いたい」と話した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie