この星の格闘技を追いかける

【UFC195】左ボディフック×右ロー、ボディフックのトメノフがラーキンに競り勝つ

<ウェルター級/5分3R>
アルベルト・トメノフ(ロシア)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ロレンツ・ラーキン(米国)

左ジャブを伸ばすラーキンに対し、トメノフが足を使う。ラーキンの右ローにカウンターを狙うトメノフが、ここからプレッシャーを強める。ラーキンは引き続き右ロー、ここにパンチを返して右ハイをトメノフが見せる。ハイをキャッチしたラーキンは、リリースしてローを続ける。トメノフはワンツーから右ハイ、ラッシュを掛けてラーキンの左には右ボディに放っていく。鋭いパンチから蹴りにつなげるようになったトメノフ、ラーキンはローを重ねる。緊張感溢れる初回はトメノフのものとなったか。

2R、前に出るラーキンに左を入れるトメノフ。続いて右ストレートを入れるが、ここもラーキンは右ローを蹴りこむ。そのローをキャッチして右を振るうトメノフ。サッと下がるラーキンにトメノフは左アッパーを打ち込む。フェイント、ヘッドスリップ、ステップを駆使した高度な打撃戦。トメノフは左フックから左ボディフックを入れ、ケージにラーキンを下がらせる。左ボディフックを3発入れたトメノフは、ラーキンのエルボーはよけるが右ローを蹴られ、構えを変える。

オーソに戻したトメノフはさらに左ボディを2発、ラーキンは右ローを返す。続いてラーキンは右ストレートを伸ばすが、左ボディを繰り返し被弾する。左ボディフック×右ローという戦いは、トメノフが左フックを顔面に入れる。ローをキャッチしてテイクダウン狙いから、ボディにつないだトメノフがこの回も取った。

最終回、息をのむような静かな打撃戦のなかでラーキンがフグ・トルネードのような回転系ローを見せると、明らかにトメノフの表情が曇る。それでも左ボディで前に出るトメノフに対し、ラーキンは上への攻撃も増える。そうなると勢いを増すのがトメノフのボクシング。ラーキンは飛び込んでヒジを見せるが、ここは徹底してローが欲しい。残り30秒でテイクダウンを狙ったラーキン、これを切り替えされ万事休す。最後に右のエルボーを入れたが、タイムアップとなりトメノフがスプリットで判定勝ちした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie