この星の格闘技を追いかける

【Bellator147】最終回のヒザ蹴りでパトリッキーがアンダーソンを振り切る

<ライト級/5分3R>
デレック・アンダーソン(米国)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
パトリッキー・フレイレ(ブラジル)

ワンツーで前に出るアンダーソン。パトリッキーは左フックを空振りも、左右のフックをラフに打ち込んでいく。リーチで優るアンダーソンは左ジャブを多用する。ここで踏み込んだパトリッキーが左フックをヒット。ガードを固めるアンダーソンに対し、パトリッキーは入れ込み過ぎか、パンチを放ってバランスを崩してしまう。左ジャブから右ストレートをヒットさせ、左フックを避けたアンダーソン。パトリッキーはケージに詰まることが多くなり、ワンツーを被弾する。

パトリッキーはここでテイクダウンへ。強引なアンダーソンのギロチンを外してバックに回り込む。ワンフックのパトリッキーは前方に落とされ、スクランブルから距離を取り直す。直後にダブルレッグで肩までパトリッキーを担ぎ上げてテイクダウンを決めたアンダーソンだが、落とされると同時に立ち上がったパトリッキーがバックへ。すぐに離れたパトリッキーを追いかけてバックを窺うアンダーソン、両者ともこの辺りはアグレッシブだが粗い展開となった。

2R、パトリッキーの左フックを徹底して警戒するアンダーソンだが、左ストレートを被弾する。アンダーソンは左ハイからローと蹴り技を交え、ワンツーでプレッシャーを与える。ジャブにステップが止まりがちのパトリッキーは打たれて打つ作戦に切り替えたか。飛びヒザを見せたパトリッキーの左フックが遂にアンダーソンを捉える。それでもアンダーソンのジャブの前に前進できないパトリッキーは、残り2分半で意を決したようにダブルレッグを決める。アンダーソンの立ち上がり際にバックに回り、両足をフックしたパトリッキーが寝技でバックマウントをセットアップ。

RNCチョークの機会を窺いつつパンチを後方から入れていく。アンダーソンはケージウォークも四の字フックに捉えられたままで胸を合わせることができない。そのままバックマウントをキープしたパトリッキーは、最後にトップを取り返されたものの2Rを取り返した。

最終回、ジャブから右ストレートを伸ばすアンダーソンに対し、パトリッキーはダブルレッグを狙って下がる。動きが完全に落ちているパトリッキーにアンダーソンはジャブ&ストレートを続けると左ハイキックへ。これは当たりが浅かったが、引き続きパンチを伸ばす。距離が近づいたことでパトリッキーも左フックをヒットさせるも、打撃戦ではアンダーソンが優勢だ。と、まだ1分半を経過したばかりでパトリッキーがダブルレッグでテイクダウンに成功する。

一旦はガードを取りながら、すかさずスタンドに戻ったアンダーソン。パトリッキーは抑えて体力を消耗するよりも、立ったところでテイクダウンを狙うように。ボディロックを解いたアンダーソンはヒザ蹴りからエルボー、さらに左右のパンチを連打する。パトリッキーは左を返し、最後の力を振り絞る様に蹴り技も繰り出す。そして首相撲に捉えられながら、逆にヒザをボディに入れアンダーソンの動きを止める。残り1分を切り、アンダーソンがダブルレッグへ。ケージに詰まったパトリッキーはスイッチで上を取る。蹴り上げにもパンチを入れ、スクランブルからスタンドに戻ったパトリッキーがアンダーソンのシングルレッグを再びスイッチで耐え、そのままロックしてトップを取り直したところでタイムアップを迎えた。

最終回、序盤のアンダーソン、終盤のパトリッキー──ジャッジはどちらを攻勢と認めたか。結果、アンダーソンがスプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie