この星の格闘技を追いかける

【PXC50】レンジの外で動くウォーカーを詰めることできず、ライカ完敗

<女子フライ級/5分3R>
ブローガン・ウォーカー(グアム)
Def.3-0
ライカ(日本)

前蹴りを見せるウォーカー。遠い位置から飛び込んでパンチを入れて組みついていく。前蹴りを多用するウォーカーが前に出てきたところで右を伸ばしたライカ。左ストレートから右ハイを放つウォーカー、ライカも近距離でフックを打っていく。ウォーカーはパンチだけでなく飛び込んでミドルも見せ、組んではヒザ蹴りを狙う。ライカは左ジャブを伸ばし続け、右ストレートへ。さらに飛び込んでくるウォーカーにアッパーを合わせる。直後にロングのストレートを浴びたライカだが、組み合いでは押し勝つ。しかし、ウォーカーがケージを背にして首相撲からヒザ&エルボー。

懸命に頭を胸につけようとするライカは左ワキにヒザを受けながら組みに拘る。小手を決めてヒザを突き上げるウォーカーは、離れて前蹴りから組んでバックへ。向かい合うとワンツーを入れたライカだが、またも飛び込んでくるウォーカーのパンチと蹴りを受けてしまいラウンド終了に。

2R、ウォーカーの右ローをかわしたライカだが、なかなか自分の距離で戦えない。ローから飛び込んでパンチを繰り出すウォーカーは、右ローも断続的に入れる。その蹴りに右フックを合わせたライカは、距離を潰されヒザを受ける。またも遠い距離でステップを多用するウォーカーに対し、追い足を持たないライカは右ハイキック2発から右ストレートをヒットされる。ライカは打撃を入れられても怯まない。ただし、ウォーカーは決して打ち合いの距離に立ち続けることはない。

ライカは踏み込んで右を伸ばすが、やはりウォーカーは距離を取り直す。右ボディストレートを見せたライカの顔面をウォーカーの右前蹴りが襲う。続く右ハイをかわし、ようやく中間距離でワンツーを打ち込んだライカだったが、ウォーカーがすかさず距離を潰してフロントで頭を抱えていく。ボディに連打を見せるライカだが、決め手はなく2Rも終了した。

最終回、ライカのレンジの外で前後に動くウォーカー。右ストレートや前蹴りで距離をキープする。近づいてもすぐに離れるウォーカーに対し、ライカはパンチを届かせることができない。と、ここで足を滑らせたウォーカーが尻餅をつく。抑えることなく、パンチを振るっていったライカは拳を当てることはできたが、ウォーカーに立ち上がる隙を与えてしまう。

こうなると遠い距離で動くウォーカーは、足だけが届く距離でローや前蹴りを繰り出す。そして組んで距離をゼロにし、ライカに反撃の機会を与えない。ライカはケージに押し込んだ状態で、テイクダウンを取れないまま時間だけが過ぎていく。ボディロックからテイクダウンに拘るライカ。倒してパウンドで勝負ということか。この展開、最終回ではなく初回で見せなかったライカ、レフェリーがブレイクを命じると、すぐに試合タイムは残り10秒に。懸命に追いかけてパンチを放ったライカをすぐにクリンチしたウォーカーはタイムアップと同時に勝利を確信し、右腕を突き上げた。作戦勝ちといえるウォーカーは勝負しない勝負というMMAらしい試合展開でライカを下した。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie