この星の格闘技を追いかける

【UFN78】TUFラテンアメリカ02ウェルター級ウィナーはエリック・モンターニョに

<TUF Latin America02ウェルター級T決勝/5分3R>
エリック・モンターニョ(メキシコ)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
エンリケ・マリーン(スペイン)

左を伸ばすモンターニョ。マリーンは右ローを返す。組んだモンターニョがケージにマリーンを押し込むも、回ったマリーンが離れる。モンターニョはワンツー、スイッチして左ミドルを2発入れる。マリーンは首相撲からヒザをボディに入れ、離れて左を狙う。モンターニョがケージにマリーンをドライブするが、体を入れ替えたマリーンがシングルレッグへ。足を外に出してモンターニョが耐える。ダブルレッグを決めたモンターニョは、直後にマリーンのスイープでひっくり返されてしまう。マリーンが振りかぶったパウンドを狙うと、後方に立ち上がったモンターニョにマリーンがアッパーを打ち込む。テイクダウンを切って左を入れたマリーンがショートのワンツーから右ローを入れ、初回が終わった。

2R、左から右フックを入れたモンターニョに対し、マリーンがシングルからダブルに移行してテイクダウンを奪う。スイッチでバックに回り、両足を束ねて上を取り返そうとしたモンターニョに対し、マリーンは強引なアンクルを仕掛けトップをキープする。ケージにもたれて立ち上がったモンターニョにマリーンがエルボーを入れる。離れて右ローを蹴り込んだマリーンは、モンターニョの後ろ回し蹴りをかわし、パンチの交換から組みにいく。両ワキを差したマリーン、左ワキを差し代えたモンターニョが離れる。両者とも動きがスローになり、疲れが窺えるならか手数だけ出し続けるラウンド終盤となった。

最終回、モンターニョの左ハイをブロックしたマリーンがワンツーを入れる。メヒココールに背中を押されたモンターニョは左ミドルやサイドキックを繰り出す。マリーンはサイドキックも構わず前に出る。逆にケージにマリーンを押し込んだモンターニョだが、左に回ったマリーンが離れる。右ストレート狙いかと思われたマリーンは左ジャブを伸ばしてダブルレッグを仕掛ける。モンターニョが押し返して打撃の距離になるや、マリーンが右ストレートから右ミドル、エルボーを放つ。モンターニョの蹴り技にも、右ミドルを勢いよく入れたマリーンは左ローをブロックして左ロー。最後の20秒でモンターニョがダブルレッグでテイクダウンを決める。

最後をトップキープで締めたモンターニョは、笑顔でマリーンと抱き合う。結果、スプリットに別れた勝負はモンターニョに凱歌が挙がった。TUFラテンアメリカ02ウェルター級を制したモンターニョはマリーンの肩を抱いて「僕ら2人がウィナーだ」と語った。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie