この星の格闘技を追いかける

【TOP FC09】イエローの影響か? ソン・ソンウォンがパク・ジュンヨンにスプリット勝利

<ウェルター級/5分3R>
ソン・ソンウォン(韓国)
Def.2-1
パク・ジュンヨン(韓国)

左ジャブから右ストレートを伸ばすソン・ソンウォン。パク・ジュンヨンは右ロングフックからローを放つ。リーチで優るソン・ソンウォンが引き続き左主体のパンチで圧を掛け、時折り右ストレートを狙う展開に。パク・ジュンヨンの前進に距離を取るソン・ソンウォンが左ローから左ミドルも、全体的に慎重な立ち上がりとなっている。

残り3分でパク・ジュンヨンがケージにソン・ソンウォンを押し込むが、ボディにヒザ蹴りを受け、体を入れ替えられる。離れたソン・ソンウォンはカカト落とし、続いて左ミドルをボディに。右ストレートもヒットさせたソン・ソンウォンは、スピニングバックフィストも、ここでパク・ジュンヨンはダブルレッグで尻餅を着かせる。すぐに立ち上がったソン・ソンウォンは右エルボーを打たれながらも、距離を取り直す。ソン・ソンウォンがここから右ストレートを届かせ、前に出てヒザ蹴り。この一発が急所に入りパク・ジュンヨンが大の字に。再開後、ソン・ソンウォンが連打を入れたところで初回が終わった。

2R、笑顔を浮かべるパク・ジュンヨンがソン・ソンウォンの左ミドルをキャッチしてシングルレッグへ。そのままボディロックに移行しドライブもテイクダウンは奪えない。ケージを背にしたソン・ソンウォンが鋭いヒザをボディに突き上げる。体を入れ替えた離れたソン・ソンウォンは逆に組んで、パク・ジュンヨンをケージに押し込む。と、続くヒザ蹴りがまたも急所に当たってしまう。レフェリーがソン・ソンウォンにイエローカードを提示したが、これが即ペナルティで減点となるのか。

再開後、左ミドルから右ストレートで前に出るソン・ソンウォン。パク・ジュンヨンは右ローを返すが下がる場面が目立つ。ケージ中央で拳が交錯する場面では、リーチに優るソン・ソンウォンが優勢に。左ジャブを2発続けてヒットさせても、後が続かないパク・ジュンヨン。ソン・ソンウォンの左足はローで変色しているが、前に出る姿勢が崩さなかった。

最終回、すぐに距離を詰めたソン・ソンウォンが左ジャブを連打する。パク・ジュンヨンは右ハイ、構わずソン・ソンウォンが右ストレートをヒットさせる。間合いを外したパク・ジュンヨンに引き続き右ストレートを打ち込んだソン・ソンウォンがワンツーで前に出る。続く接近戦ではパク・ジュンヨンが組みつくが、ソン・ソンウォンが首相撲からヒザをボディに連続で突き上げる。離れた両者、ソン・ソンウォンの右は空振りになったが、距離を詰めてショートの右アッパーを決める。パク・ジュンヨンは右ローを連続で蹴り込むが、明確なダメージは与えることができない。

と、蹴り足をキャッチされたソン・ソンウォンが回転バック拳。パク・ジュンヨンがそこにダブルレッグを合わせてドライブ。倒し切れないパク・ジュンヨンに対し、離れたソン・ソンウォンが左ジャブから右ストレートをヒットし、さらに首相撲からヒザ蹴りにつながる。そのままリーチの差を生かして戦ったソン・ソンウォンが、イエローの影響かスプリットで判定勝ちとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie