この星の格闘技を追いかける

【RFC26】佐々木信治、アメリカーナでロードFC2連勝

<ライト級/5分3R>
佐々木信治(日本)
Def.3R1分25秒 by アメリカーナ
チェ・ジョンチャン(韓国)

1R、佐々木がプレッシャーをかけて、チェ・ジャンチャンにケージを背負わせる。チェ・ジャンチャンは右ロー。佐々木は左ジャブからダブル、ボディロックとテイクダウンを狙い、さらにバックを奪いに行く。ボディロックからの小外刈りでテイクダウンに成功した佐々木は、すぐさまマウントへ。そしてバックに移行し、リアネイキドチョーク。腕が首に入らないとみるや、フェイスロックで絞め上げる。これは極まらなかったものの、バックをキープし続ける佐々木。四の字ロックでバックマウントからパウンドを連打し、またもリアネイキドチョークを狙っていく。固執しすぎることなく、コツコツとパウンドも混ぜながらフィニッシュを念頭に試合を進めた。

2R開始早々、サウスポーにスイッチした佐々木。すぐにオーソドックスに戻したあと、左ハイ。さらに組んでボディロックからテイクダウンを奪う。センタク挟みを仕掛けるも失敗したが、佐々木はトップはキープした。しかし、ここでブレイクが入る。再開後、佐々木はスタンドでプレッシャーをかけ続け、左ハイを狙う。チェ・ジャンチョンはなかなか前に出られないが、佐々木の懐に飛び込みテイクダウン。佐々木はすぐさま足を狙い、ヒールからアンクルに移行し、極まらずともトップへ。ハーフからパウンドを落とす。佐々木のパウンドに対してチェ・ジャンチョンは顔を背けるように。さらに連打を浴びせたところでラウンド終了のブザーが鳴る。

3R、雄叫びを挙げた佐々木。右を振るったチェ・ジャンチョンがテイクダウンも、すぐに足をすくってトップを取り返す。肩固め狙いを解いた佐々木はハーフガードから左腕を取り、アメリカーナでタップを奪った。佐々木はロードFC2で連勝を果たした。

PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie