この星の格闘技を追いかける

【EBI04】ジオ・マルチネス、オーバータイムでソトに敗れ3連覇ならず

<フェザー級T準々決勝/10分1R>
ジョー・ソト(米国)
Def.Overtime & Quickest escape
ジオ・マルチネス(米国)

スライディングでシッティングガードにはいるマルチネスが足を取りに行く。距離を取ったソトは自らハーフの中へ。リバーサルでトップを取ったマルチネスは担ぎパスからバックを狙う。ガードを取り直したソトが立ち上がるも、片足を取られて再びガードへ。マルチネスはアキレス、ソトが回転してエスケープを図るとマットサイドへ。マット中央で試合が再開され、マルチネスはインバーデッドのようなガードから足関節、あるいはトップを取ろうという動きを続ける。

さらにXガードから変則Xに移行したマルチネスがアキレス腱固めに。ソトが内ヒールに切り替えると、マルチネスは血相を変えて回転してエスケープる。引き続きインバーデッドを取ろうとするマルチネスだが、ソトは強いベースを持っている。と、ソトは自らヒール、そしてアキレス、さらに外ヒールに。尻を蹴って逃げたマルチネスがデラヒーバからインバーデッド、続いて足を抱える。攻め手が欠いてきたマルチネスは、横回転をしてリズムを変えようと試みる。

マルチネスは立ち上がってジャンピングギロチンへ。これも見切ったソトはオーバータイムを考慮したか、ペースを落として防御に徹し切る。試合はタイムアップとなり、ソトのバックからオーバータイムに。固いディフェンスのマルチネス、延長戦は2分を越える。マルチネスは腰をずらしていくが、ソトは4の字ロックで譲らない。腕十字に切り替えたソトはポジションを譲ったとして、攻守交替に。マルチネスもバックを選択。左右の腕をソトの喉へかけツイスターへ。しかし、ソトが逃げてオーバータイムは2Rへ。

再びバックを選択したソトは即腕十字へ移行するが、マルチネスが立ち上がってエスケープ。マルチネスは再びバックを選択し、時間を掛けてソトの隙を伺う。胸を合わせに行くソトが腕十字を防ぎ、オーバータイムは最後の3Rへ。バックから即腕十字へ移行したソトだが、これも極めきれず。マルチネスはバック、ロールしたソトが逃げ切り決着はどちらが速くエスケープしたかに委ねらえる。結果、21秒を記録したソトが2度のEBI王者を下し準決勝進出を決めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie