この星の格闘技を追いかける

【DEEP】岸本が宮崎を破り、王座挑戦をアピール

<ライト級/5分3R>
岸本泰昭(日本)
Def.3-0
宮崎直人(日本)

まずは宮崎が左ミドルを放ち試合はスタート。岸本は右ローを入れると、宮崎が組んでケージに岸本を押し込むも、逆に岸本がテイクダウンを奪う。足を払いながらパンチを入れる岸本がハーフからパス狙い、ここで宮崎が立ち上がってテイクダウンへ。岸本のギロチンを逃れトップを取る。蹴り上げからヒザ十字に入った岸本は、ヒールから蹴りを入れ立ち上がる。宮崎のガードからの腕十字を防ぎ、バックを制した岸本が両足をフックする。宮崎が立ち上がると、フックを解きマットに足をつけた岸本は落とされないことを選択。宮崎は残り30秒で胸を合わせて離れるも、岸本がケージに押し込み首相撲に左右のフックから右ミドルを入れて初回が終わった。

2R、相四つから宮崎がテイクダウン、すぐに立ち上がった岸本はパンチを受けるも組んでバックへ。胸を合わせた宮崎がダブルを狙い、岸本がワキを潜って逆に足を取りに行く。スクランブルから両者が離れて距離を取ると、岸本のヒザ蹴りに宮崎が組みへ。がぶりからギロチンを仕掛けた岸本だが、頭を抜かれクォーターを取られる。立ち上がり際にパンチを連続で被弾した岸本が、すぐに組んでケージにドライブ。スピニングバックフィストを放って距離を取った岸本が右ローを入れる。組みから右ミドルを見せた岸本、宮崎もワンツーを振り回すが自らバランスを崩す場面も。岸本は組んでボディロックに入ったが、宮崎が払い腰で投げパウンドを入れた。

最終回、岸本の右ローは金的のようでもあったが、宮崎はすぐに立って試合は続行される。テイクダウン狙いを大きく足を広げ、倒されないで立ち上がった岸本のバックを取った宮崎が後方から右ハイを見せる。執拗に足を取りに行く宮崎が離れると左フックが相打ちに。直後に宮崎が組んでケージに岸本を押し込む。細かいヒザを腿に受けた岸本は、スイッチから正対、さらにバックへ。正面に回ってヒザ蹴りを胸に入れた岸本は、バックマウントからRNCを狙う。

宮崎はすかさず胸を合わせて、試合はスタンドへ。ここで岸本の左ローがヒット、組み合いもワキを潜ってバックに入る。宮崎が離れると、岸本は声を挙げて左フックへ。しかし、これは力が入りすぎて空振りに。宮崎の左ハイにも左フックを入れた岸本、続くミドルを宮崎がキャッチ。最後まで闘志を露わにして戦った両者、裁定結果は3‐0で岸本に。ライト級サバイバル戦で岸本が生き残り、メインの勝者への挑戦をアピールした。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie