この星の格闘技を追いかける

【Bellator139】元フェザー級王者カーランが3連敗を免れ、復活の狼煙

curran vs sanchez 1【写真】サンチェスを寄せ付けず、カーランが判定勝ち(C)BELLATOR

<フェザー級/5分3R>
パット・カーラン(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
エマニュエル・サンチェス(米国)

右アッパーから左フックを放ったカーラン。サンチェスは下がらずローを入れる。続くローにショートのワンツーを見せたカーランに対し、サンチェスが左ハイを返す。カーランは引き続き、足を使いつつ鋭い踏み込みからアッパー&コンビネーションを駆使する。ワンツーから首相撲&ヒザで前に出たサンチェスだが、前に出てもカーランの下がりながらパンチを受けることが多い。ワンツーを打っては離れ、ダブルレッグのフェイクを見せたカーラン。サンチェスは右フックをヒットさせ、ローとハイで勢いをつけるように前進する。ここもカーランはワンツーを打ち込み、さらに右ストレート。サンチェスのボディをかわして右ボディストレートを決めたカーランが問題なくラウンドを取った。

2R、フックの応酬で頭が当たった直後、サンチェスが左目尻をカット。再開後、カーランはシングルレッグでテイクダウンに成功する。足を取りつつスタンドに戻ったサンチェス、カーランは寝技に拘る必要はない。パンチを決めては下がる、あるいは角度をつけて走り抜くようにサンチェスのパンチを被弾しないカーラン。サンチェスはカーランが前に出たところにパンチを当てようと、カウンターに切り替え精度が上がる。こうなると前に出る勢いもつくサンチェスだが、カーランは前蹴りを織り交ぜレンジを確保し、引き続き優勢にスタンド戦を戦う。その下がり際にバランスを崩す場面も見られたカーランは、やや受けに回り過ぎかフックを受けてしまったが、直後にテイクダウンを取ったカーランが2度のテイクダウンでラウンドをまとめた。

最終回、カーランを追いかけ最終的にパンチを打ち込まれるサンチェス。カーランは左ジャブから距離が詰まると、小外掛けでテイクダウンを決める。今回はガードのなかに収まったカーラン、左右にパスのプレッシャーを掛け、サンチェスのリバーサル狙いを潰すとバックへ。サンチェスが胸を合わせてきたところで、ギロチンから後方回転しトップへ。ここはサンチェスが頭を引き抜くが、続くスクランブルの攻防のなかでバックを取り返したカーランが両足をフックする。暴れ続けるサンチェスは残り30秒を切って胸を合わせながら立ち上がることに成功したが、首相撲からヒザ蹴り以外に反撃に移る時間は残されていなかった。

結果、カーランがフルマークで判定勝ちを収め3連敗を免れた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie