この星の格闘技を追いかける

【RFC24】キム・スンヨンに代わり、イ・グァンヒが大原樹里と対戦

Lee Kwang-Hee【写真】韓国ライト級戦線のトップのイ・グァンヒの代役出場が決まった (C)MMAPLANET

15日(月・現地時間)、7月25日(土)に東京都江東区の有明コロシアムで開催されるRoad FC24の本戦第一試合で大原樹里と対戦予定だったキム・スンヨンが負傷欠場、代わりにイ・グァンヒが来日することが発表された。

この試合、もともとRFC版TUF=チュモギオンダ出身でまだキャリア1戦1勝のルーキーであるキム・スンヨンが日本人の彼よりキャリアのある選手に挑ませるというロードFCの意図があった試合だった。今回の負傷欠場を経て、大原はキャリア2戦目のキムから、3月のRFC22でクォン・アソルの王座に挑戦し、エルボーによるカットTKO負けを喫したものの韓国ライト級トップの一角にあるファイターと対戦することとなった。

イ・グァンヒは一昨年12月のDEEPで体重超過の中村K太郎に敗れて(正式結果はNC)以来、5度目の来日となる。その打撃の威力は韓国有数、絶対に会場を沸かせるバチバチの殴り合いが信条のイ・グァンヒの圧力は、やはりキム・スンヨン以上だ。ただし、情報量もキム・スンヨンより多いのも確か。大原は打撃の中の組=首相撲を有効に使いたいところだ。ここで白星を挙げることができれば、キム・スンヨンに勝つより見返りも大きいに違いないだけに、しっかりと対策を練って勝負に挑んでほしい。

■ ROAD FC 24 対戦カード

<RFCミドル級王座決定戦/5分3R+Ex>
福田力(日本)
ジョン・オジン(韓国)

<無差別級/5分3R>
カルロス・トヨタ(日本)
チェ・ホンマン(韓国)

<ヘビー級/5分3R>
川口雄介(日本)
チェ・ムベ(韓国)

<ミドル級/5分3R>
ミノワマン(日本)
キム・デソン(韓国)

<バンタム級/5分3R>
中原太陽(日本)
キム・スーチョル(韓国)

<88キロ級契約/5分3R>
高瀬大樹(日本)
ユン・ドンシク(韓国)

<女子アトム級/5分2R>
しなしさとこ(日本)
パク・ジヘ(韓国)

<ライト級/5分2R>
大原樹里(日本)
イ・グァンヒ(韓国)

■ YOUNG GUNS 23 対戦カード

<フェザー級/5分2R>
今野寛和(日本)
ホン・ヨンギ(韓国)

<バンタム級/5分2R>
佐藤将光(日本)
キム・ミンウ(韓国)

<フェザー級/5分2R>
原井徹(日本)
キム・ホジュン(韓国)

<フライ級/5分2R>
南出剛(日本)
キム・ヒョリョン(韓国)

<フェザー級/5分2R>
榎本明(日本)
ベク・スンミン(韓国)

<ミドル級/5分2R>
尾崎広樹(日本)
中村勇太(日本)

<フェザー級/5分2R>
鷹島大樹(日本)
杉山和史(日本)

<フェザー/5分2R>
小金翔(日本)
沢井隼人(日本)

<バンタム級/5分2R>
大場翔(日本)
金井卓也(日本)

<ウェルター級/5分2R>
鈴木友希(日本)
田辺丈人(日本)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie