この星の格闘技を追いかける

【UFC157】ジョンソンの打撃封じ、シャウブが手堅い一勝

2013.02.24

<ヘビー級/5分3R>
ブレンダン・シャウブ(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
レイバー・ジョンソン(米国)

低い姿勢のシャウブ、ジョンソンが前に出てくると組みついてテイクダウンを奪う。そのままサイドに回ったシャウブに対し、ジョンソンが足を一本戻す。右脇を差して立ち上がろうとしたジョンソンに、シャウブがギロチンへ。アナコンダに移行したシャウブの顔面に、絞めを受けながらパンチを入れていくジョンソンだが、徐々にパンチの回転数が落ちる。と、自ら絞めは外し試合はスタンドに戻る。

組んでヒザからテイクダウンを奪い返したジョンソンに対し、シャウブの腰を押してヒールフックの態勢からトップを奪い返す。残り20秒、ジョンソンが立ち上がるとシャウブがしっかりとテイクダウンを奪い直し、初回を取った。2Rも組み合いからスタートし、ケージ際で体を入れ替える展開のなか、両者がヒザをボディに突き上げる。右ヒザの裏を手で払ってテイクダウンを奪取したシャウブは、ハーフからパスを狙う。

意外にもグラップリングの攻防が続くなか、シャウブはマウントを狙うもジョンソンはヒザを畳まれ腰を効かすことができない。ハーフに戻したジョンソン、レフェリーがブレイクを命じる。スタンドに戻ってもすぐにシャウブが組みつき、首相撲からヒザ蹴り、そしてダブルレッグでテイクダウンへ。クローズドガードのジョンソンは、エルボーを下から繰り出すのが精いっぱい。シャウブは足を一本抜いてハーフへ。そのままトップをキープし、レフェリーのブレイクとのせめぎ合いも制して、シャウブが2Rを戦い終えた。

ジョンソンのアッパーにも踏み込んで、テイクダウンを決めたシャウブ。ガードからパンチを落すが、レフェリーがブレイクを命じる。スタンドで右フックを大きく振るうも、空振りしたジョンソンが姿勢を崩す。即バックに回ったシャウブ、ジョンソンは引きこんでガードを取ると、足を越えられついにマウントを奪われる。

シャウブは自らハーフに戻り、バランスをキープ。左のパウンドを落しながら、首を殺してジョンソンの上半身を起こさせない。残り90秒、起き上がったシャウブが思い切りパンチを落し、起き上がろうとしたジョンソンからアナコンダチョークでトップを奪い返す。そのままトップコントロールを続けたシャウブが、ジョンソンの長所を消すファイトで完封、タイムアップを迎えた。連敗中だったシャウブが、手堅い試合でフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie