この星の格闘技を追いかける

【Bellator137】コールドウェルがシウバをTD & コントロールで下す

<バンタム級/5分3R>
ダリオン・コールドウェル(米国)
Def.3-0:29-28, 29-28, 29-28
ハファエル・シウバ(ブラジル)

サウスポーのコールドウェルがまず左ミドルを見せる。続いて左ジャブからスーパーマンパンチへ。距離を取り直したシウバが、勢いのある右ローを蹴り込む。コールドウェルも左ローを返し、シウバのダブルレッグをがぶる。ガードを取ったシウバはヒールフックからコールドウェルが立ち上がるところで組み付く。ここも上を取り切れなかったシウバが、再びガードの態勢に。続いて腕十字からフラワースイープを狙うが、トップをキープしたコールドウェルは細かいパウンドを落としていく。

シウバが蹴り上げから立ち上がろうとしたが、コールドウェルはここでパスガード。ニーインベリーを取った直後にシウバが足を戻し、エレベータースイープから再びヒールへ。体を捩じってエスケープしたコールドウェルがサイドから抑え込み、ニーインベリーの態勢でエルボーを落とす。シウバのシングルを切ったコールドウェルが初回を取った。

2R、前蹴りと左ハイで距離を取るコールドウェル。シウバは自分の距離で戦うことができない。間合いの測り合いが続くなか、コールドウェルがシングルレッグへ。シウバがギロチンから引き込むが、足を固定することができずコールドウェルが頭を引き抜く。ここでもシウバはヒールフックへ。そのまま立ち上がり、シングルレッグでコールドウェルを押し込む。初めてトップを取ったシウバだったが左のパウンドを空振りするなど、有効な攻めを見せることなくタイムアップを迎えてしまった。

最終回、シウバは右ローを入れるが、そこから先はない。コールドウェルも見る展開が多いなか、スーパーマンパンチを繰り出す。これをいなすように組みついたシウバだったが、テイクダウンを取ったのはコールドウェル。パス狙いで時間を使い、勝利に近づいていく。残り90秒でレフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンドで再開する。反撃の手立てが見つからないシウバはパンチも大振りになり、逆にテイクダウンを奪われてしまう。ケージ際で立ち上がろうとするシウバの顔面にパンチをまとめたコールドウェルが、3-0の判定勝ちを収めた。

「ベラトールがチャンスをくれるならタイトルに挑戦する。スコット・コーカー、チャンスをくれ」と勝者は話した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie