この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】鉄人二世がKJ破るも、裁定に疑問残す

<ライト級/5分3R>
ライアン・クートゥアー(米国)
Def,2-1:29-28,29-28,27-30
KJ・ヌーン(米国)

右腕を伸ばしながら距離を取るKJ、組みつこうとしたライアンはローで崩しにかかる。シングルから、頭をコントロールしヒザを見せたライアン。KJは右アッパーから、ローに右を合せようとする。鉄人二世のテイクダウン狙いをサークリングでかわすも、ローを受けたKJは前足を突きだした構え、左フックを放つ。

KJはショートの右アッパーから左フックを見せ、ライアンの攻撃をしっかりと見切る。目標を見失なったようなテイクダウン、パンチを見せるライアンは、前蹴りからスピニングバックフィストを繰り出すも、近距離でKJのパンチを被弾する。右アッパーから右ストレート、さらに前蹴りと攻撃をまとめたKJだが、終了間際に後ろ回し蹴りを受ける。それでもヒザ蹴りからワキを差し上げてテイクダウンを奪ったKJは、やや不満げな表情を浮かべ1Rを戦い終えた。

2R、スイッチを織り交ぜ、蹴りのフェイントを見せて距離を詰めるKJが、右アッパーを放つ。組みながらヒザを突き上げるライアンだが、劣勢は否めない。頭から前に出てきたライアン、そのヒザ蹴りに対し左フックを打ち込んだKJだが、額をカットし「頭だ」とアピールする。隙が出来たKJを攻めようとしたライアン。しかし、この行為がKJの戦意に火を点けた。アッパーからフック、さらに細かいパンチを連打し、KJが猛攻を仕掛ける。

距離を取りなおしたKJは、息を整え右アッパーをロングレンジから決める。回転系の蹴りを多用するようになったライアンは、ヒザ蹴りと前蹴りで逆襲開始。KJもヒザを打ち込み、試合は乱打戦の様相を見せるように。

最終回、ライアンのジャブをヘッドスリップでよけ、パンチで前に出るもライアンがシングルレッグで組みついていく。足を引抜いたKJを追い掛けながら、ヒザを見せるライアン。そんな彼のなりふり構わぬ攻撃姿勢が、待ちの姿勢のKJよりも、ジャッジに好印象を与える可能性も。

右を振り回して前に出たライアンに、KJは左ボディフックを打ち込む。さらに左アッパーから、オーソに戻すと右エルボーをヒットさせる。組んでヒザを見せるライアン、KJは距離をとって下がりながら右、左とフックをヒットする。前蹴りを連続で見せたライアン、残り45秒を切りKJの右ストレートを顔面に受ける。KJはさらに右を打ち込み、下がりながら右アッパー、真っ直ぐ前に出てきたライアンにヒザを打ち込む。ライアンも最後までパンチを振るい続け、試合終了の合図とともに両手を挙げて勝利をアピール。

果たしてジャッジは、スプリットでライアンを支持。信じられないという表情を浮かべたKJは、直後にケージを後にした。アグレッシブな姿勢は評価できるが、効果がどれだけあったかもMMAの裁定基準にあって然り……、気の毒なKJの判定負けといえる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie