この星の格闘技を追いかける

【UFC155】ジュリーが一方的な試合展開でジョンソンに削り勝ち

2012.12.30

<ライト級/5分3R>
マイルス・ジュリー(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
マイケル・ジョンソン(米国)

サウスポーのジョンソンが、まずは左ローを見せるが届かない。ジュリーの左ローにパンチを合せようとするジョンソンが、プレッシャーを掛けていく。ジュリーはローでジョンソンを崩しに掛かるが、ジョンソンは前進を止めない。

距離を詰めてはローを打ち込み、距離を取りなおすジュリーは右ハイを織り交ぜ、直後にダブルレッグダイブを決める。マウントを取ったジュリーは、ジョンソンのヒップエスケープに合わせバックに回り込み、そのままニアマウントから左のパウンドを連続で落す。たまらず背中をつけたジョンソンは、ハーフから右ワキを差していくが、腰を切り返したジュリーが右のエルボーを落す。

残り1分、キムラアームロックを狙ったジュリーは、ジョンソンの反応に合わせてニーインザベリーからマウント、パウンドを落してバックからチョークへ。ここはタイムアップに阻まれたが、一方的な展開でジュリーが初回を戦い抜いた。

2R、左を伸ばすジョンソン、左へ回るジュリーが右ミドルを放つ。ジュリーは右ハイを放ち、ジョンソンの左を防ぐ。右のパンチはしっかりと距離をとり、ローを入れるジュリーが距離&角度をコントロールしていく。ジョンソンの左ローをキャッチしてテイクダウンを奪ったジュリーが、インサイドから右エルボーを落す。

腰を浮かしたジュリーは、再び右エルボーを落すと、続いて左エルボーへ。そのままトップをコントロールしたジュリーが、2Rも取り試合は最終回へ。ここまで劣勢を一気に返そうと、前に出るジョンソンは、2度に渡りジュリーのテイクダウンを拒んだが、最終的にはケージに押し込まれて小外掛けで寝技に持ち込まれてしまう。

首を殺しパスガード、サイドを取ったジュリーは、足を一本戻されても落ち着いてトップをキープしてパウンドを落していく。ケージ際でも積極的にマウントを狙うジュリーは、ハーフを取ったジョンソンに思い切りエルボーを落し、ニアバックマウントからパウンドを連打していく。

右腕を背中の後ろで取られ、顔面を守れないジョンソンは身動きが取れない。背中のクラッチこそ解けたが、背中をしっかりつけて抑え込まれるジョンソンは反撃の機会すらつかめない。潜ろうとすればエルボーを受け、背中をつけると抑え込まれマウントを狙われるジョンソン。ジュリーは残り1分を切っても、エルボーとパウンドを落しパスを仕掛ける。

ケージに背を付けて立ち上がろうとしたジョンソンの首をコントロールして、立たせないジュリーに対して、背中を預けながらパンチを受けて立ちあがたジョンソン。最後の最後にギロチンを仕掛けたが、ここでタイムアップに。結果、ジュリーが3-0、フルマークの判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

TF ONLINE

ONE DAY