この星の格闘技を追いかける

【ADW02】ドロフテイの足関耐えたフォウパポカンがボディへのヒザで、逆転勝ち

<ミドル級/5分3R>
サビエル・フォウパポカン(フランス)
Def.2R2分44秒byバーバルタップ
パヴェル・ドロフテイ(モルドバ)

ロンドン・シュートファイター所属のモルドバ人ファイター=ロドフテイがプロフェッサーXことフォウパポカンと対戦。フォウパポカンの左ミドルをキャッチしてテイクダウンしたドロフテイはヒザ十字を狙う。蹴り上げてスタンドに戻ったフォウパポカンが左ハイを繰り出す。ドロフテイが今度はダブルレッグでテイクダウンし、パスからサイドで抑え込む。ドロフテイがアメリカーナへ。両腕をクラッチして腕関節を防いだフォウパポカンは、スクランブルからスタンドへ戻る。

ドロフテイは右フックを入れ、ボディロックからでテイクダウンに成功する。スイープから立ち上がったフォウパポカンを直後にテイクダウンしたドロフテイはアキレス腱固めを果敢に仕掛けるも失敗。それでも下になってヒザ十字、内ヒールと足関節を連続で仕掛ける。フォウパポカンはしかめっ面になりながらも、内ヒールを切り抜けてパンチを落としながら初回終了を迎えた。

2R、フォウパポカンが飛びヒザを入れる。続いてテンカオから左ハイを繰り出したフォウパポカンだが、ボディロックからインサイドリップでテイクダウンを許してしまう。ハーフのフォウパポカンを殴りつけたドロフテイ、動きが止まるとレフェリーがブレイクを命じる。試合がスタンドに戻るや、フォウパポカンがヒザをボディに集中させる。投げを潰してヒザをボディに連打したフォウパポカン。ヒザに手をやって動けなくなったドロフテイに対し、フォウパポカンが飛び前蹴りを顔面に入れる。直後にドロフテイは試合続行が無理だとレフェリーに告げた。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie